ホーム > くらし・防災 > 防災・防犯 > 防災 > 地震・災害・備え > 地震災害 > 想定東海地震・東南海地震連動による震度分布

ここから本文です。

 

更新日:平成26年3月31日

想定東海地震・東南海地震連動による震度分布

東海地震・東南海地震連動による、町内の震度分布等をあらわしています。

居住地域マップ

資料元「平成14年度実施愛知県東海地震・東南海地震等被害予測調査」

計測震度とは

地震情報などにより発表される震度階級は,観測点における揺れの強さの程度を数値化した計測震度から換算されるものです。

計測震度

震度階級

0~0.4

震度0

0.5~1.4

震度1

1.5~2.4

震度2

2.5~3.4

震度3

3.5~4.4

震度4

4.5~4.9

震度5弱

5.0~5.4

震度5強

5.5~5.9

震度6弱

6.0~6.4

震度6強

6.5~

震度7

気象庁震度階級

最大加速度とは

加速度は地震による地面や構造物の揺れの大きさを表す指標です。地震が起きると、加速度の波形が観測されますが、最大加速度は、加速度の最大値のことをいいます。(単位:galまたはcm/sec2)

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:安全安心課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-38-3111

ファックス:0561-38-0001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?