ここから本文です。

 

更新日:平成25年1月23日

老朽化消火器について

老朽化した消火器について掲載しています。

全国的に腐食が進んだ消火器を操作したことにより、消火器が破裂し受傷したと見られる事故が相次いで発生しております。
事故防止のため、腐食や変形等のある消火器は絶対に使用しないでください。
消火器は粗大ゴミや一般ゴミとして出せません。
消火器の処分方法は、消火器を購入した販売店、ホームセンターや防災関係業者等に相談し、持ち込んでいただくか引取りを依頼してください。ホームセンターで新しい消火器に買換えの場合、古い消火器を引き取ってくれることがあります。
また、消火器はリサイクルが可能なため、郵送によるリサイクルも行っています。詳細は廃棄・処分方法(外部サイトへリンク)を参照してください。
各メーカーで回収している場合もありますので、各メーカーのホームページ等で確認してください。なお、処分には費用がかかる場合がありますので、事前にお問い合わせしてください。

消火器についてのご相談は尾三消防本部予防課(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:安全安心課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-38-3111

ファックス:0561-38-0001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?