ホーム > くらし・防災 > 防災・防犯 > 防災 > 地震・災害・備え > 地震災害 > 猿投-高浜断層帯での地震による震度予測について

ここから本文です。

 

更新日:平成29年8月21日

猿投-高浜断層帯での地震による震度予測について

猿投-高浜断層帯での地震による震度予測について

国の中央防災会議より、本町を通る猿投-高浜断層帯での地震が起こった場合の震度予測が発表されています。

発表では、濃尾平野東部(名古屋市東部からその東方にかけて)、また岡崎平野南部(衣浦湾周辺)の一部で震度7となっており、また、愛知県西部(濃尾平野東部から岡崎平野にかけて)の広い範囲では震度6強以上となっております。

尾張北東部・西三河北西部地域の活断層調査結果について

愛知県が平成10年度に、尾張北東部・西三河北西部地域の活断層調査を実施した結果が発表されています。

活動履歴、最新活動時期、次の活動までの期間

  • 猿投-境川断層(高根山撓曲を含む)

藤岡町深見地区で実施した詳細調査の結果、猿投-境川断層の最新活動時期は、約11,800年前である可能性が高い。トレンチから活動間隔を直接推定する証拠は得られなかったが、平均変位速度及び断層の長さをもとに、経験式によって、この断層の活動間隔は約1.4~3.4万年程度と推定される。活動間隔が相当長いため、仮に間隔が約1.4万年であったとしても近い将来に地震が発生する可能性が高いとは思われない。しかし、1.4万年という値には誤差もあるため、安全とは言い切れず、注意を怠ることはできない。

詳細な情報は、下記の関連リンクからご覧ください。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

担当部署:安全安心課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-38-3111

ファックス:0561-38-0001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?