ここから本文です。

 

更新日:平成30年6月26日

生活保護

生活保護制度は働く能力・資産・扶養能力(扶養義務のある親族間の援助)・他の社会保障制度等の活用をしてもなお、生活していけないときに、最低限度の生活を保障するとともに、1日でも早く自立した生活を送れるように支援することを目的とした制度です。

 

日本国憲法(第25条)

  1. すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
  2. 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

生活保護法(第1条)

この法律は、日本国憲法第25条に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする。

 

東郷町役場福祉課では、愛知県尾張福祉相談センターと協力し、本制度の窓口として相談を受けつけています。

生活保護のしくみ

世帯を単位に計算した最低生活費と保護を受けようとする世帯の総収入を比べ、不足する額を支給します。

最低生活費は厚生労働大臣によって定められており、住所・世帯構成・年齢・家賃の有無・障がいの有無等をもとに算出されます。

生活保護の種類

  • 生活扶助

毎日の生活に必要な食費や光熱水費などの費用

  • 住宅扶助

家賃などの住まいの費用(ローン返済は含みません)

  • 教育扶助

義務教育に必要な学用品、教材費、給食費などの費用

  • 医療扶助

病気やケガの治療に必要な費用

  • 介護扶助

介護サービスを利用するために必要な費用

  • 出産扶助

出産に必要な費用

  • 生業扶助

高等学校への就学及び手に職をつけたり、新たに仕事に就くために必要な費用

  • 葬祭扶助

葬式に必要な費用

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:福祉課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-56-0732

ファックス:0561-38-7932

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。