ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 助成 > 未熟児養育医療について

ここから本文です。

 

更新日:平成27年4月1日

未熟児養育医療について

未熟児養育医療とは

母子保健法20条に基づき、身体の発育が未熟なまま生まれ、入院を必要とする乳児が、指定医療機関において入院治療を受ける場合に、その治療に要する医療費を公費により負担する制度です。 

対象となる人

出生時の体重が2,000g以下の未熟児、又は指定養育医療機関において生活力が特に薄弱でると認められた未熟児(例:強度のチアノーゼ、黄疸等)

申請手続き

申請される時点で既に退院されている場合には、申請できませんのでご注意ください。

  • 給付申請書(町に所定の様式があります)
  • 世帯調書(PDF:56KB)
  • 養育医療意見書(PDF:93KB)(指定医療機関の医師が作成したものに限ります)
  • 世帯員の所得等が確認できる書類(省略できる場合があります)
  • 健康保険証(お子様の保険証が申請時にない場合は、扶養に入るかたの保険証をお持ちください)
  • 印鑑(認め印)

給付の内容

入院医療費及び食事療養費の自己負担額が公費負担の対象となります。ただし、世帯の所得状況により、徴収金(負担金)が必要となる場合があります。

徴収金については、退院後に納付書を郵送しますので、指定医療機関等で納付をお願いします。なお、徴収金は、町子ども医療費助成の対象となります。

給付方法

決定後に交付する養育医療券を、入院されている指定医療機関に提示してください。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

担当部署:保険医療課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-38-3111

ファックス:0561-38-7932

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?