ホーム > くらし・防災 > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度の保険料について

ここから本文です。

 

更新日:平成30年6月28日

後期高齢者医療制度の保険料について

後期高齢者医療制度では、医療費の財源確保のため、加入者全員に保険料を納付していただいています。
なお、保険料の金額や納付方法については、毎年7月中旬に送付する「後期高齢者医療保険料額決定通知書」をご確認ください。

保険料の計算方法について

年間保険料=均等割額(45,379円)+所得割額(総所得金額等-330,000円)×8.76%(100円未満切り捨て)

(限度額62万円)

均等割額と所得割率は、2年ごとに愛知県後期高齢者医療広域連合で見直され、平成30・31年度の保険料率等の改定が行われました。
改定理由や詳しい保険料の計算方法などは、「愛知県後期高齢者医療広域連合ホームページ(外部サイトへリンク)」をご覧ください。

保険料の納付方法について

保険料の納付方法は、「年金からの天引き(特別徴収)」または「納付書または口座振替(普通徴収)」となります。

年金からの天引き(特別徴収)

次の条件を満たす人は、年6回の年金払いの際に、年金受給額から保険料があらかじめ差し引かれます(手続き不要)。
ただし、年金からの天引き(特別徴収)対象者であっても、申し出により口座振替での納付方法に変更することもできます。変更手続きについては、「こんなときは」をご覧ください。

条件

  • 介護保険料が年金天引きになっている人
  • 介護保険料と合わせた保険料額が、対象の年金(※)支給額の2分の1を超えない人。
    (注意)対象の年金は、次の順位により決定されます。1位:老齢基礎年金、2位:老齢・退職年金、3位:障害年金および遺族年金など

納付書または口座振替(普通徴収)

年金からの天引き(特別徴収)にならない人は、東郷町から送付する納付書または口座振替(東郷町指定金融機関等に限る)で納付していただきます。
口座振替を希望される人は、事前に手続きが必要となります。手続きについては「こんなときは」をご覧ください。
(注意)国民健康保険税の納付方法が口座振替であった人についても、あらためて申請が必要となります。

口座振替取扱金融機関(次の本店と全ての支店)

三菱UFJ銀行、あいち尾東農業協同組合、愛知銀行、十六銀行、中京銀行、名古屋銀行、三井住友銀行、岡崎信用金庫、豊田信用金庫、碧海信用金庫、瀬戸信用金庫、ゆうちょ銀行

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:保険医療課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-7932

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?