ホーム > くらし・防災 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険で受けられる給付 > 高額療養費の支給(70歳以上75歳未満の人の場合)

ここから本文です。

 

更新日:令和3年4月1日

高額療養費の支給(70歳以上75歳未満の人の場合)

70歳以上の人は、外来(個人ごと)の限度額を適用後に世帯単位で自己負担限度額を適用します。入院の場合は限度額までの負担となります。

厚生労働省リンク(外部サイトへリンク)

自己負担限度額(月額)

所得区分

70歳以上75歳未満

個人単位(A)
(外来のみ)

世帯単位(B)
(外来+入院)

現役並み所得者III
(課税所得690万円以上)
(注1)

252,600円+(医療費-842,000円)×1%
〈多数該当140,100円〉

現役並み所得者II
(課税所得380万円以上)
(注1)

167,400円+(医療費-558,000円)×1%
〈多数該当93,000円〉

現役並み所得者I
(課税所得145万円以上)

(注1)

80,100円+(医療費-267,000円)×1%
〈多数該当44,400円〉

一般
(課税所得145万円未満)
(注2)

18,000円

(年間上限額144,000円)

57,600円
〈多数該当44,400円〉

低所得者II
(注3)

8,000円

24,600円

低所得者I
(注4)

8,000円

15,000円

(注1)課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の被保険者がいる世帯に属する被保険者。ただし、70歳以上75歳未満の被保険者の収入の合計が、同一世帯二人以上で年収520万円、一人で年収383万円未満の場合は除く。
(注2)課税所得145万円未満に該当。世帯収入の合計額が520万円未満(一人世帯の場合は383万円未満)の場合や、旧ただし書所得の合計額が210万円以下の場合も含む。
(注3)属する世帯の世帯主および国民健康保険加入者世帯員全員が住民税非課税の人。
(注4)属する世帯の世帯主および国民健康保険加入者世帯員全員が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金所得は控除額を80万円として計算)を差引いたときに0円となる人。

低所得者Iまたは低所得者IIに該当する人は「限度額適用、標準負担額減額認定証」が、現役並み所得者Iまたは現役並み所得者IIに該当する人は「限度額適用認定証」必要となります。役場保険医療課の窓口で申請してください。

自己負担限度額の計算方法

  1. 月の1日から末日まで、暦月ごとの受診について計算
  2. 外来は個人ごとにまとめますが、入院を含む自己負担限度額は世帯で合計して計算
  3. 病院・診療所・歯科の区別はなく、調剤薬局の自己負担も合算して計算
  4. 入院時の食事代や保険がきかない差額ベッド代など保険診療の対象とならないものは支給の対象外

計算例:一般(住民税課税所得145万円未満)の場合

A診療所で外来7,000円

B病院で外来13,000円

C病院で入院50,000円

外来の個人単位での限度額を適用した後に世帯単位での自己負担限度額を適用するので、

A診療所7,000円

B病院13,000円

合計20,000円-18,000円(外来の限度額)=2,000円(個人単位の支給額)

入院のみ50,000円
※個人単位での限度額適用なし。

世帯合計18,000円+50,000円=68,000円
68,000円-57,600円(世帯単位の限度額)=10,400円(世帯単位の支給額)
高額療養費としては、2,000円(個人単位の支給額)+10,400円(世帯単位の支給額)=12,400円が支給されます。

次の場合に支給されます

入院時は自己負担限度額までの負担ですみますが、次のような場合、限度額を超えた分が支給されます。

  • 外来だけで、外来の限度額を超えた場合
  • 外来と入院の負担があり限度額を超えた場合
  • 世帯単位で複数の入院があり限度額を超えた場合

国民健康保険の届出様式

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:保険医療課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-7932

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?