ホーム > くらし・防災 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 高額療養費の支給(70歳以上の人の場合)

ここから本文です。

 

更新日:平成28年4月1日

高額療養費の支給(70歳以上の人の場合)

70歳以上の人は、外来(個人ごと)の限度額を適用後に世帯単位で自己負担限度額を適用します。入院の場合は限度額までの負担となります。

厚生労働省リンク(外部サイトへリンク)

自己負担限度額(月額)

所得区分

負担
割合

自己負担限度額

外来
(個人ごと)

外来+入院

(世帯単位)

現役並み所得者

3割

44,400円

80,100円+医療費が267,000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算(過去12カ月以内に自己負担限度額を超えた支給が4回以上あった場合、4回目以降は44,400円)

一般

2割または1割

12,000円

44,400円

低所得者

II

2割または1割

8,000円

24,600円

I

2割または1割

8,000円

15,000円

(注意)

  • 現役並み所得者
    同一世帯に課税所得145万円以上の所得がある70歳以上の国民健康保険加入者がいる人
  • 低所得者II
    属する世帯の世帯主および国民健康保険加入者世帯員全員が住民税非課税の人
  • 低所得者I
    属する世帯の世帯主および国民健康保険加入者世帯員全員が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金所得は控除額を80万円として計算)を差引いたとき、0となる人

なお、低所得者ⅠまたはⅡに該当する人は、「限度額適用、標準負担額減額認定証」が必要となります。役場窓口で申請してください。

自己負担限度額の計算方法

  1. 月の1日から末日まで、暦月ごとの受診について計算
  2. 外来は個人ごとにまとめますが、入院を含む自己負担限度額は世帯で合計して計算
  3. 病院・診療所・歯科の区別はなく、調剤薬局の自己負担も合算して計算
  4. 入院時の食事代や保険がきかない差額ベッド代など保険診療の対象とならないものは支給の対象外

計算例1一般世帯の場合

A診療所で外来5,000円

B病院で外来10,000円

C病院で入院30,000円

外来の個人単位での限度額を適用した後に世帯単位での自己負担限度額を適用するので、

A診療所5,000円

B病院10,000円

合計15,000円-12,000円=3,000円
(外来の限度額)(支給額)

入院のみ30,000円
(個人単位での限度額適用はなし)

世帯合計3,000円+30,000円=33,000円を自己負担します。
※高額療養費として3,000円支給されます。

次の場合に支給されます

入院時は自己負担限度額までの負担ですみますが、次のような場合、限度額を超えた分が支給されます。

  • 外来だけで、外来の限度額を超えた場合
  • 外来と入院の負担があり限度額を超えた場合
  • 世帯単位で複数の入院があり限度額を超えた場合

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:保険医療課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-38-3111

ファックス:0561-38-7932

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。