ここから本文です。

 

更新日:平成28年4月1日

SSL警告について

東郷町ホームページでは、お問い合わせやアンケートなど利用者がデータを入力して送信を行うページでは、インターネットを利用した通信を安全に行うため、SSL(Secure Socket Layer)と呼ばれる通信の暗号化技術を導入し、利用者のプライバシー確保を図っています。
そのため、ページに接続したとき「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります」などの警告メッセージが出る場合があります。

この警告は、SSLによる通信を開始する時に、利用するサーバが本物かどうかをブラウザが確認するために表示されます。「この証明書には問題があります。」と表示されますが、これは本システムが利用している「LGPKI」という地方公共団体専用の認証局が、現在配布されているブラウザ(閲覧ソフト)に初期設定されていないためです。

警告画面で「はい」をクリックすることで、とりあえずの暗号化通信は開始されます。
しかし、上記の方法は完全ではなく、接続先の確認や暗号化をより安全に行うためには、「安全な通信を行うための証明書」(自己署名証明書)を入手し、お使いのブラウザへの組み込みを行う必要があります。

  • LGPKI(地方公共団体組織認証基盤)とは

「安全な通信を行うための証明書」(自己署名証明書)は、組織認証基盤(LGPKI:Local Government Public Key Infrastructure)の仕組みを利用して発行しています。
地方公共団体が住民・企業などとの間で実施する申請・届出等の手続き、あるいは地方公共団体間の文書のやり取りを電子的に行う場合においては、作成する電子文書などの内容が改ざんされていないかを確認する手段が必要となり、この手段を提供するための仕組みが地方公共団体における組織認証基盤(LGPKI:Local Government Public Key Infrastructure)です。
LGPKIの詳細につきましては、LGPKIのホームページ(http://www.lgpki.jp/(外部サイトへリンク))をご覧ください。

LGPKI電子証明書のインストールについて

「LGPKIアプリケーション認証局(第三世代)(Root)自己署名証明書の手動インストールについて」のページ(外部サイトへリンク)で、「LGPKIアプリケーション認証局(第三世代)(Root)自己署名証明書手動インストール手順」が、詳しく説明されています。

お手数をお掛けしますが、リンク先ページ内で使用中のブラウザを選択し、手順をご確認の上、インストールしてください。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:人事秘書課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-38-3111

ファックス:0561-38-0001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?