ホーム > くらし・防災 > 戸籍・住民の手続き > 通知カードの再交付

ここから本文です。

 

更新日:平成28年11月14日

通知カードの再交付

次のすべてに当てはまる方は、個人番号通知カード(以下「通知カード」)の再交付申請をすることができます。

  1. 通知カードを紛失・焼失または著しく損傷した
  2. 個人番号カード(以下「マイナンバーカード」)は申請しない
  3. 郵便物の転送手続き等をしていない(住民票の住所宛に簡易書留・転送不可で郵送されるため。)

なお、マイナンバーカードは、初回であれば無料で作成することができます。

役場1階住民課にお越しいただき、申請書をご提出いただきます。
なお、紛失に伴う再交付申請の場合は紛失届を、棄損に伴う再交付申請の場合は返納届を併せてご提出ください。

申込みに必要なもの

本人が手続きする場合

申請者本人が手続きされる場合は、次の2点をご用意ください。
なお、申請者が15歳未満の場合や被成年後見人の場合は、親権者や成年後見人が代理人として手続きする必要があります。次の「代理人が手続きする場合」を参照ください。

  1. 通知カード(紛失・焼失した場合を除く)
  2. ご本人の本人確認書類(原本)
    次のAを1点もしくはBを2点
    A民基本台帳カード(写真付に限る)、運転免許証、旅券(パスポート)、身体障害者手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書等(官公署発行の顔写真付き)
    B氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載されている健康保険証、年金手帳、医療受給者証、社員証、学生証等(顔写真のないもの)

代理人が手続きする場合

本人が来庁できない場合、代理人に手続きを委任することができます。代理人が手続きをする場合は、次のとおり書類をご用意ください。

  1. 本人の通知カード(紛失・焼失した場合を除く)
  2. ご本人の本人確認書類(原本)
    上記Aまたはマイナンバーカードを1点もしくはBを2点
  3. 紛失・焼失した事実の疎明書類
    ・遺失届を届け出た警察署及びその連絡先並びに遺失届受理番号
    ・消防署又は市町村の発行する罹災証明書等
    ・上記の書類の提出が困難な場合は、紛失または焼失の経緯を記載した書類
  4. 代理人の本人確認書類(原本)
    上記Aを1点もしくはBを2点
  5. 代理人の代理権を確認できる書類
    ・任意代理人任状
    ・15歳未満の方の親権者の方籍謄本(申請者ご本人と同一世帯であり、親権者と確認できる方は不要)
    ・成年後見人記事項証明書(法務局発行の成年被後見人と成年後見人の確認ができる証明書)

再交付手数料

500円
ただし、次の再交付理由による申請は無料です。

  1. 通知カードの裏面の余白がなくなった場合
  2. 国外転出等による返納後の再交付等

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:住民課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-38-3111

ファックス:0561-38-6322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?