ホーム > くらし・防災 > 戸籍・住民の手続き > 住基ネット > 住民基本台帳カードの有効期限の確認をしてください

ここから本文です。

 

更新日:平成31年4月3日

住民基本台帳カードの有効期限の確認をしてください

住民基本台帳カード(以下「住基カード」)は、平成15年8月より交付を開始しており、平成25年8月で10年を迎えました。
そのため、10年間の有効期間が満了となる方が順次でてきています。
住基カードの有効期間は、カードの券面に記載されていますのでご確認ください。

住基カード

期限が切れたカードは、公的な身分証明書としての効力を失います。

電子証明書が発行された住基カードについて

有効期限が切れた住基カードに格納されている電子証明書が有効な場合、電子証明書の期限が切れるまでその住基カードを使い続けることができます。
ただし、有効期限が切れた住基カードに使えないことが分かるよう穴開け処理をする必要がありますので、住民課窓口にお持ちください。
電子証明書の有効期間の確認は、発行時にお渡ししている「電子証明書の写し」に記載されています。
また、利用者クライアントソフトをインストールしたパソコンでも、有効期間の確認ができます。詳しくは、公的個人認証サービスポータルサイト(外部サイトへリンク)でご確認ください。

更新について

住基カードの更新サービスは、平成27年12月をもって終了しました。
平成28年1月1日以降は、住基カードの代わりに個人番号カード(以下「マイナンバーカード」)の発行申請ができます。
なお、マイナンバーカード交付の際に現在お持ちの住基カードは返納していただきますので、ご持参ください。
マイナンバーカードの発行については、「個人番号カード(マイナンバーカード)の発行について」をご覧ください。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:住民課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-6322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。