ホーム > くらし・防災 > ごみ・リサイクル > ごみと資源の出し方 > ごみ袋への不適物の混入について

ここから本文です。

 

更新日:平成29年10月2日

ごみ袋への不適物の混入について

ごみ袋に不適物を入れて排出されているケースが多くあります。不適物の混入により、回収作業中の事故や回収の遅延等が発生してしまいます。不適物はごみ袋に入れず、適正に排出するようにお願いいたします。

※平成29年10月より、燃えないごみの袋は「資源袋 金属類用」と「資源袋 陶磁器・ガラス用」の2種類の袋に変更となりましたので、蛍光管(割れてないもの)や乾電池、ボタン電池、充電式電池は資源回収ステーション等への排出にご協力願います。

スプレー缶

中身を使い切った後、火気のない風とおしのよい場所で穴をあけるなどして、ガスを抜いてから、町指定の「資源袋 金属類用」の袋に入れて排出してください。

使い切れない場合や穴をあけられない場合は、町資源回収ステーションへお持ちください。

使い捨てライター

中身を使い切ってから、町指定の「資源袋 金属類用」の袋に入れて排出してください。

使い切れない場合は、町資源回収ステーションへお持ちください。

充電式電池、バッテリー

充電式の家電製品などに使われているものは取り除き、販売店の回収箱、町資源回収ステーション尾三衛生組合(外部サイトへリンク)内の資源回収ストックヤード に資源として排出してください。

例:携帯電話、電動ひげ剃り、電話の子機など

ペンキ・オイル類などの液状のものが入った缶

中身が少量の場合は、布や新聞紙等に染み込ませて可燃ごみで捨て、中身が空になった缶は町指定の「資源袋 金属類用」の袋に入れて排出してください。

中身が多い場合は、販売店又は専門の処理業者に処理を依頼してください。

家庭で使用した医療廃棄物

医者に処方されて家庭で使用した医療廃棄物(注射針や針を外せない注射器など)は使用した方が病院や専門業者に処理を依頼してください。

ただし、町指定のごみ袋で排出できる物もありますので、詳しくは東郷町役場環境課までお問い合わせください。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:環境課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-38-3111

ファックス:0561-38-7933

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?