ホーム > まち・環境 > 環境・自然 > 東郷町ポイ捨て等禁止条例(案)意見募集結果

ここから本文です。

 

更新日:平成24年2月6日

東郷町ポイ捨て等禁止条例(案)意見募集結果

パブリックコメント手続による意見募集結果を公表します。

意見募集案件

〔案件名〕 東郷町ポイ捨て等禁止条例(案)
〔募集期間〕 平成24年1月5日(木曜日)から平成24年1月24日(火曜日)まで
〔担当課〕 生活部 環境課

意見募集の結果について

 東郷町ポイ捨て等禁止条例(案)(サイト内リンク)に対する意見を募集した結果、1名の方から貴重なご意見をいただきました。ありがとうございました。
 下記のとおりご提出いただいたご意見と、それに対する町の考え方を公表します。

番号

意見などの概要

本町の考え方

1

条例に猫公害関係の記載がありません。しかし、猫の放し飼いによる糞害の迷惑は犬以上です。飼育宅以外の宅地庭に侵入し、草木を植えた直後の柔らかい土地部分に猫の習性で脱糞する。脱糞後、土をかき混ぜて糞を隠す、草木は台無しになる。住宅地周辺の畑でも同じ様に植えたばかりの苗を台無しにする。又、糞の臭気は犬以上である。猫の放し飼い、糞害も何とかならないでしょうか。条例に追加乞う。

 猫は、犬に比べ「野良猫」がかなりいます。また、「野良猫」でなくても猫は飼い主と一緒に散歩することはなく、単独で行動します。
 このような猫の実態から、猫の飼育者を特定することは非常に困難な場合が多いと考えられます。このため、ポイ捨て等禁止条例では犬に限定しました。
 東郷町には、「飼い犬のふん害等の防止に関する条例」がありますので、この条例をポイ捨て等禁止条例に取り込む形をとりました。
 また、飼育者を特定できない猫の糞害を禁止する規定を盛り込んでも、条例が形骸化する恐れがあります。このため、ポイ捨て等禁止条例の実効性を確保する観点からも、猫については規定しないこととしました。
 なお、猫の糞につきましては、原因者が特定できる場合には、今まで同様苦情としてご連絡いただき対応します。
 また、猫の室内飼養の啓発をしてきましたが、今後も啓発を続けていきます。

 

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:環境課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-38-3111

内線:2188

ファックス:0561-38-7933

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?