ホーム > くらし・防災 > ごみ・リサイクル > ごみと資源の出し方 > 硬質プラスチックごみの出し方が変わります

ここから本文です。

 

更新日:平成29年10月5日

硬質プラスチックごみの出し方が変わります

平成29年4月1日から硬質プラスチックごみは「燃えるごみ」

平成29年度から、燃えるごみ、燃えないごみの分別内容が変わり、硬質プラスチック類を燃えるごみとして出していただくことになりました。(硬質プラスチックの例:ポリバケツ、プラ製おもちゃ、歯ブラシ、プラ製風呂おけ、プラ製ハンガー、プラ製洗濯ばさみ、など)
ごみ出しの際にはお間違えの無いようにしてください。

なお、硬質プラスチックが使用されている物の中で、家電製品(一部除く)や物の半分以上が金属製の製品の場合は、町指定の「資源袋 金属類用」の袋に入れてお出しください。

※平成29年10月から「燃えないごみ」は「金属類ごみ」と「陶磁器・ガラスごみ」に分けて出していただくよう変更となりました。

硬質プラ分別イラスト1

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:環境課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-38-3111

内線:2189

ファックス:0561-38-7933

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?