ホーム > まち・環境 > 環境・自然 > オオキンケイギク駆除キャンペーン

ここから本文です。

 

更新日:平成29年5月23日

オオキンケイギク駆除キャンペーン

環境省では、日本の生態系、農林水産業への被害等を及ぼす、又は及ぼすおそれのある外来種について『特定外来生物』として指定し、規制や防除、理解促進等に取り組んでいるところです。

本町におきましても大量発生している『オオキンケイギク』の駆除についてキャンペーンを実施し、啓発活動を通して意識の高揚を図り、協力いただける企業・団体等を支援します。

オオキンケイギク

オオキンケイギク駆除キャンペーンチラシ(ワード:1,193KB)

オオキンケイギク

5月から7月にかけて、鮮やかな黄色の花をつけるオオキンケイギク。東郷町内の道端や川原などでもよく見かけます。

しかし、きれいな花だからといって、ご自宅のお庭や花壇に植えることはできません

オオキンケイギクは、外来生物法により、日本在来の生物と競合し、生態系に対する影響が大きい外来植物として「特定外来生物」に指定され、栽培、運搬、販売することなどが原則禁止されており、駆除する場合も注意が必要です。

特定外来生物とは?

特定外来生物とは、外来生物(海外起源の外来種)であって、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれがあるものの中から指定されます。

特定外来生物は、生きているものに限られ、個体だけではなく、卵、種子、器官なども含まれます。

飼育、栽培、保管、運搬、販売、譲渡、輸入、野外に放つなどを原則禁止しています。

特徴は?

キク科の多年生草本で、高さは0.3~0.7m程度です。温帯に分布し、路傍、河川敷、線路際、海岸などに生育します。

開花期は5~7月。頭状花。虫媒花。痩果をつけます。

防除の方法は?

  1. 花期には根元を持って引き抜き、2~3日天日にさらすなど枯死させた後、ビニール袋で密閉して、燃えるごみとして出してください。
  2. 花期の後半から種子をつけた時期は、種子を拡散させないようにビニール袋で密閉して処理してください。
  3. 地下茎で増えるため、地上部分を刈り取っただけでは生え続けますが、数回に渡って地上部分を刈り取れば、地下茎を弱らせる効果があります。

期間

平成29年5月20日(土曜日)から平成29年度6月30日(金曜日)まで

オオキンケイギクを駆除しました(5月20日)

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:環境課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-38-3111

ファックス:0561-38-7933

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?