ホーム > 町政情報 > 監査 > 主な監査等の種類

ここから本文です。

 

更新日:平成29年1月23日

主な監査等の種類

監査等
の区分

監査等

の種類

内容

根拠法令

監査

定期監査

毎年度期日を定めて、町の財務に関する事務の執行や経営に係る事業管理が適正かつ効率的に行われているどうかについて、部局ごとに計画的に実施するものです。

地方自治法

第199条第4項

行政監査

必要があると認めるときに、町の事務事業が合理的かつ効率的に行われているか、法令等に従い適正に行われているかどうかについて実施するものです。

地方自治法

第199条第2項

随時監査

必要があると認めるときに、定期監査に準じて実施するものです。

地方自治法

第199条第5項

財政援助

団体等監査

町が補助金、負担金等の財政援助をしている団体、出資団体等及び公の施設の指定管理者に対し、必要があると認めるとき又は町長の要求があるときに、その出納等の事務が適正かつ効率的に行われているかどうかについて実施するものです。

地方自治法

第199条第7項

住民監査

請求監査

住民が、町長又はその他の職員による違法若しくは不当な公金の支出、財産の管理等があると認めるときに、これらを証する書面を添え、監査委員に対し、必要な措置を講ずるよう監査を求めるものです。この請求に基づき、必要な措置を講ずるかどうかについて実施するものです。

 

地方自治法

第242条

 

審査

決算審査

毎会計年度の決算について、決算その他関係諸表等の計数を検証するとともに、予算の執行又は事業の経営が適正で効率的に行われているかどうかについて実施するものです。

地方自治法

第233条第2項

基金運用

状況審査

毎会計年度において、基金の運用状況を示す書類の計数の正確性を検証するとともに、基金の運用が適正かつ効率的に行われているどうかについて実施するものです。

地方自治法

第241条第5項

健全化判断

比率等審査

健全化判断比率及び資金不足比率並びにその算定の基礎となる書類が適正に作成されているかどうかについて実施するものです。

地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項

検査

例月出納

検査

会計管理者が保管する現金の残高及び出納関係諸表等の計数の正確性を検証するとともに、現金の出納事務が適正に行われているかどうかについて毎月実施するものです。

地方自治法

第235条の2第1項

 

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:監査委員事務局

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-38-3111

内線:2392

ファックス:0561-38-0001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。