ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 乳児のロタウイルスワクチン予防接種について

ここから本文です。

 

更新日:令和2年10月8日

乳児のロタウイルスワクチン定期予防接種について

令和2年10月から、ロタウイルスワクチンの予防接種を無料で受けることができます。

ロタウイルス感染症とは

感染力の強いロタウイルスにより引き起こされる急性の胃腸炎で、乳幼児期(0~6歳)にかかりやすい病気です。主な症状は水のような下痢・吐き気・嘔吐・発熱・腹痛です。

ふつう、5歳までにほぼすべての子どもがロタウイルスに感染するといわれています。脱水症状がひどくなると入院治療が必要になることがあります。5歳までの急性胃腸炎の入院患者のうち、40~50%前後はロタウイルスが原因です。

対象者

東郷町に住所を有する令和2年8月1日以降に生まれた方

※令和2年9月30日以前に接種した場合は自費になります。

※令和2年8月1日以降に生まれた方で、すでにロタウイルスワクチンを接種している方は10月以降の接種分が無料となります。

ロタウイルスワクチンについて

ロタウイルスワクチンには「ロタリックス」と「ロタテック」の2種類があり、どちらも生ワクチン(弱毒化したウイルス)で、飲むワクチンです。2種類とも、予防効果や安全性に差はありませんが、回数が異なります。

「ロタウイルスワクチン説明書」(PDF:197KB)を必ずよく読んでから医療機関への予約をお願いします。

ロタウイルスワクチンについてのリーフレット(厚生労働省)(PDF:675KB)

ロタウイルスワクチンに関するQ&A(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

標準的な接種スケジュール

  • 初回接種は出生14週6日後までに接種することが推奨されています。
  • 出生15週0日後以降の初回接種については安全性が確立されていません。出生15週0日後以降に初回接種となる場合は、医師とよく相談し、接種について検討してください。
  • 途中からワクチンを変更することはできません。

ロタリックス

1回目:出生6週0日後から出生14週6日後まで

2回目:1回目の接種から27日以上の間隔をあけて接種(接種は出生24週0日後まで)

ロタテック

1回目:出生6週0日後から出生14週6日後まで

2回目:1回目の接種から27日以上の間隔をあけて接種

3回目:2回目の接種から27日以上の間隔をあけて接種(接種は出生32週0日後まで)

東郷町内での接種可能医療機関

医療機関によって、接種が可能なワクチンが異なります。(令和2年度10月現在)

医療機関名

電話番号

ロタリックス

ロタテック

東郷診療所

39-0054

 
バク諸輪診療所

39-3000

 

ごとうこどもクリニック

38-6610

たなか内科

38-8866

松浦医院

37-5001

 
やまクリニック

37-1050

 
宮本ファミリー耳鼻科

38-5558

山口こどもクリニック

37-1100

馬渕クリニック

38-0800

 

本多医院

39-0139

東郷町外の医療機関での接種を希望される場合

東郷町外の医療機関での接種を希望される場合、広域化予防接種の手続きが必要となります。母子健康手帳をお持ちの上、健康推進課窓口までお越しください。

(広域化予防接種についてはこちらをご覧ください。)

予診票について

  • 令和2年8月、9月に出まれた方へは、順次郵送させていただきます。もし10月末までにお手元に届いていなければ、お手数ですが健康推進課(0561-37-5813)までご連絡ください。
  • 令和2年10月以降に生まれた方へは、出生届提出時にお渡しいたします。
  • 転入された方へは健康推進課窓口にてお渡しいたします。母子健康手帳をお持ちのうえ、窓口までお越しください

予防接種後は腸重積症に注意しましょう

腸重積症とは?

腸重積症とは、腸が腸に入り込むことによって閉塞状態になる病気です。

0歳児の場合、ロタウイルスワクチンを接種しなくても起こる病気で、もともと生後3~4か月から月齢が上がるにつれて多くなります。

そのため、腸重積症の起こりにくい早めの時期に接種を開始し、完了することがすすめられています。

 

以下のような症状が出たら速やかに医師の診察を受けましょう

  • 泣いたり不機嫌になったりを繰り返す
  • 嘔吐を繰り返す
  • ぐったりして顔色が悪くなる
  • 血便(血が混ざったイチゴゼリー状のねっとりとした便)が出る