ここから本文です。

 

更新日:平成28年3月25日

年中児対象の  「すくすくの発達相談」を実施します

 

 

子どもの発達相談(すくすく発達相談)の目的は‥

3歳児健診の後、幼稚園や保育園など集団生活をするようになってから明らかになってくる発達特性(多くは「集団行動が取れない、自分勝手な行動が多い、指示が入りにくい、一人遊びが多い」など)に対する気づきと理解を、保護者、保育士及び関係職員間で共有し、その特性に応じた環境を整備するために実施します。
 

 子どもの発達相談(すくすく発達相談)を実施します

平成24年度は旭丘幼稚園、音貝保育園、南部保育園、西部保育園、上城保育園ですくすく発達相談を実施しました。

平成25年度からは町内保育園、幼稚園全園で実施しています。

町外幼稚園に通園している年中児で、相談を希望する方は5歳児発達相談をご利用ください。

 

相談・発達支援チームのスタッフ

臨床心理士、発達障害支援指導者、指導保育士、療育担当保育士、保健師等

 

お子さんの成長で気になることはありませんか? 

5歳という年齢は、幼稚園や保育園などの集団生活も始まり、先生やお友達との関係も広がり、社会生活が豊かになる時期です。また、手先も器用になり、細かい作業も上手になります。言葉の表現も上手になるので、会話も楽しくなるでしょう。心の成長も大きく、急にお兄さん・お姉さんになったように感じる反面、まだまだ甘えたい時期でもあります。自己主張も強く、自分の意思を通そうと、かんしゃくをおこしたり、すねたりすることもあり、ご両親にとってはどう関わっていいのか迷うこともあるでしょう。
このように、保護者の方がお子さんの発達や行動が何となく気になる、育てにくい、と思われることがあれば、お子さん自身も困っているかもしれません。
園に通っているお子さんを対象に、「すくすく発達相談アンケート」と、臨床心理士等による「すくすく発達相談」を行います。この機会に、お子さんにあった対応のしかたについて、子育ての専門の先生と一緒に考えてみませんか。

 

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:健康課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字西羽根穴2225番地4 イーストプラザいこまい館内

電話:0561-37-5813

ファックス:0561-37-5823

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。