ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 乳幼児(特に1歳以下)のボタン電池の誤飲に注意

ここから本文です。

 

更新日:平成28年2月5日

乳幼児(特に1歳以下)のボタン電池の誤飲に注意

ボタン電池の危険性について

平成26年6月19日に消費者庁で「乳幼児(特に1歳以下)のボタン電池の誤飲に注意!-重症化することを知らない保護者が6割も!!-」が公表されました。

ボタン電池は、誤飲時に食道にとどまり、放電の影響によって短時間(僅か1時間)でも潰瘍ができて穴が開いてしまうなどの重篤な症状を生じることがあり、場合によっては死に至るなど大変危険です。

誤飲を防ぐために

  1. どの製品にボタン電池が使用されているかチェックし、電池蓋が外れやすくなっていないか確認しましょう。
  2. 御家庭にある未使用又は使用済みのボタン電池は絶対に子どもの手の届かない場所に保管しましょう。
  3. 電池交換は、子どもの目に触れないところで行いましょう。

誤飲したときは

子どもがボタン電池を飲み込んでしまった、又は鼻の穴に入れてしまったときは、一刻も早く医療機関に行くことが重要です。最悪の場合、死に至るおそれもあるのですぐに救急車を呼びましょう。その際、電池の種類や状態を確認できれば、医師に伝えてください。

また、飲んだかどうかはっきりしない場合でも、レントゲンを撮ればボタン電池の有無や電池の停滞部位が確認できますので、誤飲の可能性がある場合には必ず受診しましょう。(緑園こどもクリニック山中龍宏医師

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

担当部署:健康課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字西羽根穴2225番地4 イーストプラザいこまい館内

電話:0561-37-5813

ファックス:0561-37-5823

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?