ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > エキノコックス症

ここから本文です。

 

更新日:平成26年4月10日

エキノコックス症

動物由来感染症エキノコックス症について

このたび、阿久比町内で捕獲された野犬から、キツネや野ネズミ、犬に寄生感染する「エキノコックス」が検出されました。

このエキノコックスは、主に北海道のキツネや野ネズミに寄生しています。

私たち人間は、虫卵に汚染された野菜、山菜や沢水を直接口にしたり、虫卵に汚染された手指を介して感染したりします。

感染すると、野ネズミと同様にエキノコックスの幼虫が肝臓に寄生します。

人にエキノコックスが感染しても、すぐに自覚症状が現れません。

数年から10数年の潜伏期間を経てから発症することもあります。

症状としては、上腹部の不快感や膨満感が出現し、しだいに肝機能障害に伴う疲れやすさや黄疸等の症状が現れ、放っておくと転移したり、命にかかわることもあります。

※人から人に感染したり、野ネズミから人に感染することはありません。

感染予防について

  • 野山に出かけ、帰った時はよく手を洗うこと
  • 衣服や靴についた泥はよく落とすこと
  • 沢や川の生水は飲まないこと
  • 山菜や野菜、果物等はよく洗ってから食べること
  • 犬の放し飼いをしないこと

相談窓口

最寄りの保健所で相談を受け付けています。

瀬戸保健所 環境・食品安全課 電話:0561-82-2197

飼っている犬について、エキノコックス感染症が心配な場合には、かかりつけの獣医師にご相談ください。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:健康課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字西羽根穴2225番地4 イーストプラザいこまい館内

電話:0561-37-5813

ファックス:0561-37-5823

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?