ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 健康 > 東郷町・名古屋大学共同事業講演会「ロコモと健康生活~片足で靴下が履けますか~」

ここから本文です。

 

更新日:平成29年10月30日

東郷町・名古屋大学共同事業講演会
「ロコモと健康生活~片足で靴下が履けますか~」

平成29年7月から8月に実施した東郷町・名古屋大学共同事業「東郷いきいき度チェック」の結果報告とロコモティブシンドロームについての講演会を開催します。

ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ)とは?

運動器(筋肉、関節、軟骨、椎間板など)の障害のために「立つ」「歩く」といった移動機能の低下した状態を「ロコモティブシンドローム」といい、進行すると介護が必要になるリスクが高くなります。

いつまでも自分の足で歩くことができるよう、運動器を長持ちさせ、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくことが、今必要となっています。

日時

平成29年12月3日(日曜日)午後2時から午後3時30分まで

場所

イーストプラザいこまい館1階多目的室

料金

無料

定員

300名(事前申込み不要)

内容

はじめに

東郷町長あいさつ

報告

東郷町・名古屋大学共同事業「東郷いきいき度チェック」の結果報告

名古屋大学大学院医学系研究科リハビリテーション療法学専攻助教野嶌一平氏

講演

「ロコモティブシンドロームと健康生活~健康寿命を延ばそう~」

名古屋大学大学院医学系研究科リハビリテーション療法学専攻教授杉浦英志医師

主催

東郷町

名古屋大学大学院医学系研究科リハビリテーション療法学専攻

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:健康課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字西羽根穴2225番地4 イーストプラザいこまい館内

電話:0561-37-5813

ファックス:0561-37-5823

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?