ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 流行疾患 > 愛知県内の風しん発生について

ここから本文です。

 

更新日:平成30年9月11日

愛知県内の風しん発生について

風しん患者が増加しています

現在、例年と比較し風しんの届出数が大幅に増加しています。 

特に30代から50代の男性のうち、明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがある又は風しんに対する抗体が陽性であると確認ができている方は以外は、任意で予防接種を受ける事を検討してください。

 妊婦への感染を予防するため、特に

①妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族

②10代後半から40代の女性(特に妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い方)

のうち、明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがある又は風しんに対する抗体が陽性であると確認できている方以外は任意で風しん予防接種を受ける事を検討してください。

風しんが疑われる場合の受診には以下をご注意ください。

 発熱、発疹等の症状から「風しん」が疑われる場合は、必ずマスクを着用し、事前に医

療機関に「風しんかもしれない」ことを連絡の上、速やかに受診してください。また、受

診の際には、周囲の方へ感染を拡げないよう、公共交通機関等の利用を避けてください。

 

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:健康課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字西羽根穴2225番地4 イーストプラザいこまい館内

電話:0561-37-5813

ファックス:0561-37-5823

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?