ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 日本脳炎予防接種の対象者拡大について

ここから本文です。

 

更新日:平成29年3月27日

日本脳炎予防接種の対象者拡大について

日本脳炎の定期予防接種については、平成23年5月20日付で法律が改正になり、特例により対象者が拡大されました

下記の対象者は、日本脳炎の接種回数(1期:3回、2期:1回)のうち、未接種分を公費で接種できます。

特例接種対象者

平成7年4月2日から平成19年4月1日までに生まれた方
(平成17年度から平成21年度にかけての積極的勧奨の差し控えにより接種を受ける機会を逃した方)

※一般的な高校1年生の年齢の方であっても、4月や5月生まれの方は対象となりませんので、ご了承ください。
※平成19年4月2日以降に生まれた方も、従来の定期予防接種の年齢

(1期:生後6か月から7歳6か月に至るまで、2期:9歳以上13歳未満であれば公費で接種できます。)

接種対象期間

上記対象者が20歳になる前まで(ただし、2期は9歳以上)

なお、生まれた年ごとの、具体的な影響と対応については、次の厚生労働省ホームページを参考にして、接種を受けるようお願いいたします。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:健康課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字西羽根穴2225番地4 イーストプラザいこまい館内

電話:0561-37-5813

ファックス:0561-37-5823

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?