ホーム > まち・環境 > 建築・開発 > 総合治水をご存知ですか?

ここから本文です。

 

更新日:平成29年10月31日

総合治水をご存知ですか?

5月15日~21日は総合治水推進週間です。

進む開発と高まる洪水の危険性

山林や田畑などには、雨水を一時的に溜めたり、地下に浸透させる機能があり、河川へ雨水の流出量を抑える働きをしています。
しかし、今日では開発が進み、地表面がコンクリートやアスファルトに覆われ、河川へ短い時間で多くの雨水が入ってくるようになったため、洪水の危険性が増しています。また、河川に入りきれない雨水によって、低い土地での浸水被害の危険性も増しています。
このため、山林や田畑を適正に保全していくことが、河川や下水道等の整備と合わせて、非常に重要となっています。

浸水前浸水後

浸水被害を防ぐための総合治水対策

洪水や浸水を防ぐため、川幅を拡げたり、川底を掘るなどの河川の改修を行っていますが、それだけでは、急激な開発によって増加する雨水を安全に流すことが出来ません。そこで、流域内に雨を貯めたり、地下に浸透させる施設を作り、河川に一度に入ってくる雨水の量を減らすことが必要です。
このように、「河川の改修」と「流域内での対策」、さらに洪水や浸水が起こった時の「警戒避難体制の確立」などを合わせて実施し、被害の防止を図ることを「総合治水対策」といい、境川流域では、昭和58年から愛知県や近隣市町とともに「総合治水対策」を行っています。

境川流域雨水浸透阻害行為許可等

境川・逢妻川・猿渡川の流域で500m²以上の開発(雨水浸透阻害行為)を行う際には、雨水対策のための許可(雨水浸透阻害行為許可)が必要です。
詳細については、下記までお問い合わせください。

  • 尾張建設事務所河川整備課
  • 電話052-961-4498(直通)

雨水を貯留したり、地下に浸透させる施設

住民の方にもできる「総合治水対策」の例として、下図のようなものがあります。これらをご家庭などに設置することで、河川に一度に入ってくる雨水の量を減らすことができます。みなさんのご協力をお願いします。

浸透ます浸透トレンチ

透水性舗装貯留場所の確保

雨水貯留タンク設置費補助金について

雨水の流出抑制を図り、河川等の浸水被害の軽減に寄与するとともに、水資源の有効活用を図るため、設置費用の一部を補助しています。

いこまい館でも実施しています

町民交流拠点施設「イーストプラザいこまい館」では、雨水の流出抑制対策を実施しています。

  • 来場者駐車場は、透水性舗装により雨水を地面にしみ込ませています。
  • 建物の屋上は、庭園の土に雨水をしみ込ませています。
  • 屋上でオーバーフローした水は、60tの雨水貯留水槽に溜めて、ビオトープの補給水や樹木の散水に利用しています。

屋上緑化

いこまい館での取り組み図

ビジュアルボードフェアの開催

総合治水をより皆さんに理解していただくために、毎年6月にビジュアルボードフェアを開催し、図や写真により総合治水の紹介をしております。

 

平成27年ビジュアルボードフェア画像

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:建設課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-38-3111

ファックス:0561-38-0066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。