ここから本文です。

ごみとエコ

じゅんかい君

みんなの家で毎日ごみが出るよね?そのごみはどこへ行くか知っているかな?

う~ん・・・どこか遠くの海とか山かな?

げんきくん

げんきくん!海や山にごみを捨てちゃだめでしょ!自分の近くから無くなればいいってものじゃないんだから!

みどりちゃん

んじゃ、ごみはどうなるんだよ!

げんきくん

じゅんかい君

みどりちゃんの言うとおりだよ。ごみはきちんと処分しないと、危険なこともあるんだよ。だから『分別(ぶんべつ)』と言って、ごみの種類ごとに分けて出しているよね?ごみがどうなるのか、見てみよう。

ごみはどうなるの?

東郷町の中で出たごみは、尾三衛生組合(びさんえいせいくみあい)東郷美化センターなどへ運ばれます。東郷美化センターには「燃えるごみ」や「金属類ごみ」、「陶磁器(とうじき)・ガラスごみ」などが集まります。「燃えるごみ」は燃やして灰になり、「金属類ごみ」は小さくくだいたあと、鉄やアルミなどを取りのぞいて、埋立処分場(うめたてしょぶんじょう)にうめられます。「陶磁器・ガラスこみ」は専門の業者で小さくくだかれ、道路を舗装(ほそう)するときの材料などとして再利用されます。

ごみが増えると…

ごみを処理してくれるところがあるから安心・・・そう思ったら、大間違い。ごみがたくさん増えると、ごみを処理するためにたくさんの二酸化炭素(にさんかたんそ(CO2))が発生し、地球温暖化(ちきゅうおんだんか)の原因になります。また、燃やした後に残る灰や燃やせなかったごみは、土の中や海にうめることになります。どんどんごみを出せば、うめる場所もなくなってしまいます。ごみを捨てる場所がなくなってしまったら、困ってしまいますよね。

ごみを出すってことは、ごみを捨てる場所も必要になるってことなんだね。かんたんに「どこかに捨てればいいや」なんて考えてごめんなさい。

げんきくん

どうすればごみは減るのかな?

ごみを減らす工夫は、学校でも家庭でもいろんなところでできます。たとえば、おかしの箱やふくろ、ペットボトル、読みおわった本やいらなくなった服などの資源(しげん)ごみは、東郷町の資源回収ステーション(しげんかいしゅうすてーしょん)に持って行きましょう!資源回収ステーションに持っていけば、燃やすごみを減らすことができます。そして、ここに集められた資源ごみは、新しいペットボトルや服などに生まれ変わります。

エコってなんだろう?

エコというのは、かんたんに言うと「環境にやさしいこと」です。ごみを減らすことは、地球を守ることになります。そこで、ごみを減らすためのキーワードを教えましょう!

3R(スリーアール)を実行しよう!

「3R」とは3つのR(アール)がつく言葉の頭の文字をとってできた言葉です。

1つ目のR:「リデュース」

ごみをなるべく出さないようにすること。

2つ目のR:「リユース」

使えるものはくりかえし使うこと。

3つ目のR:「リサイクル」

使い終わったものを、ごみではなく資源として再利用すること。みんなが資源回収ステーションに持っていくことは、「リサイクル」になるのです。

じゅんかい君

ほかにも、みんなのエコな気持ちを高めるために、家庭でもできるエコな運動があるんだよ。みんなもエコな生活をしてみようよ!

みんなができるエコな運動

東郷版ISO“チャレンジ100”

家族みんなで環境にやさしい生活に取り組みます。「マイバッグを持って買い物に行く」とか「水を流しっぱなしにしない」とか、みんなで気をつけられるのがいいところです。家族みんなでがんばれば、「エコファミリー」に認めてもらえるかも!

エコキャップ運動

資源回収ステーションへペットボトルのキャップ(ふた)を持って行こう。集めたペットボトルのキャップでワクチンを購入し、世界の子どもたちの命を救う運動です。

エコばんぱくin東郷

みんなが歩いてごみを拾いながら会場に来ることで、ごみも集まるし、車も使わない!というエコなイベントです。いろんなエコを体験できるコーナーやお店がいっぱい!楽しくエコが分かるから、友達や家族で参加してください。

関係する課

環境課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?