ここから本文です。

 

更新日:平成28年4月1日

127.NPO法人地域の応援団えがお

東郷町町民活動センター登録団体情報

127.NPO法人地域の応援団えがお

ふりがな

えぬぴーおーほうじんちいきのおうえんだんえがお

団体名

NPO法人地域の応援団えがお

ふりがな

やましたりつこ

代表者氏名

山下律子

ふりがな

やましたりつこ

連絡先氏名

山下律子

ご住所

〒470-0162

東郷町大字春木字白土97-1-1403

電話番号

052-807-0756

FAX番号

052-807-0870

e-mail

akane24@gmail.com

活動分野

1.保健、医療又は福祉の増進を図る活動

団体設立年月日

平成21年10月23日

会員数

合計37名

主な会員年代

40~60代

主な会員職業

介護職員、認知症キャラバンメイト、民生委員など

対象

全般、子ども・青少年、高齢者、地域住民

主な活動区域

東郷町

活動日

不定期

活動頻度

1月に1回

活動時間帯

不定期

入会金の有無

なし

会費の有無

1,000円/年

会則の有無

あり

会報の有無

なし

会員募集

募集中

入会方法

電話にて問合せ、電子メール

ボランティアセンター登録有無

登録していない

団体の目的

この会は、認知症になっても、だれもが安心して人間らしく、住み慣れた地域で最後まで幸せに過ごせる社会をつくることを目標に、地域の人が認知症を正しく理解できるよう、認知症サポーター養成講座を行い、認知症になっても地域で支え続ける、やさしいまちが実現することを目的とする。

活動内容・事業

  1. 認知症についての正しい理解をすすめるために、認知症キャラバンメイトとして、認知症サポーター養成講座の講師を務める。
  2. 認知症にやさしいまちづくりのため、講演会や学習会を企画・実施する。
  3. 認知症キャラバンメイトの資質向上のため、研修や勉強会を実施する。
  4. その他この会の目的の達成に必要な事業

団体PR

認知症を地域で支える応援団「えがお」は、認知症の本人と家族が、えがおで暮らせるよう、まちのみんなで支えることを目的にできた、ボランティア団体です。

もの忘れがあっても、できるかぎり、住み慣れた自分の家で暮らしたい。

まちで暮らすみんなが、ほんの少しずつ、気にかけたり手助けすれば、認知症になっても安心して住み慣れたまちで暮らすことができます。

近くに認知症でお困りの方がいたら、ぜひご連絡ください。

よくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。