ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 学校給食 > 学校給食における新型コロナウイルス感染症対策

ここから本文です。

 

更新日:令和2年6月23日

学校給食における新型コロナウイルス感染症対策

令和2年6月3日から開始した小中学校の給食では、新型コロナウイルス感染症対策で配膳時間を短くするため、副菜を1品減らし、その代わりに個包装のデザート等に変更しています。
また、栄養価を充足するため汁物の具材を増やしています。
これらの対応は、新型コロナウイルス感染症の状況を見ながら、1学期末までの学校給食で実施する予定です。
児童と生徒の皆さんを新型コロナウイルス感染症から守るために、皆様のご理解をよろしくお願いします。

 

副菜を減らして個包装に代えた給食(米飯、汁物、主菜、個包装デザート、牛乳)

通常の給食(米飯、汁物、主菜、副菜、牛乳)

副菜を減らして個包装に代えた給食の例(米飯、汁物、主菜、個包装デザート、牛乳)

通常の給食の例(米飯、汁物、主菜、副菜、牛乳)

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:給食センター

愛知県愛知郡東郷町大字春木字蟹池15番地

ファックス:0561-38-6363

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?