ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > ドクター久保の健康ワンポイントアドバイス > 健康ワンポイントアドバイス「質のよい睡眠、とっていますか」

ここから本文です。

 

更新日:平成26年1月24日

健康ワンポイントアドバイス「質のよい睡眠、とっていますか」

質のよい睡眠は、心身の疲労を回復し、免疫機能を強化するため、健康には大変重要です。
日本では、成人の5人に1人が不眠に悩んでいるといわれます。その背景には、ストレス、休む間もなく動く24時間社会、加速する高齢社会などがあるようです。

睡眠障害

睡眠障害とは、睡眠に何らかの問題がある状態をいいます。大きく次の4つに分けられます。

  1. 不眠
    寝つきが悪い、途中で起きてしまい再び眠れない、朝早く起きてしまうなど。
  2. 日中の過剰な眠気
    過眠症(夜十分眠っているのに日中眠い)、睡眠不足になったり睡眠の質が低下する病気(睡眠時無呼吸症候群など)
  3. 睡眠中に起こる異常行動や異常知覚・異常運動
    睡眠時随伴症(寝ぼけ行動、寝言、大声・叫び声)、むずむず脚症候群(脚がむずむずしたり火照ったりする)、周期性四肢運動障害(脚がピクピクと動く)
  4. 睡眠・覚醒リズムの問題
    適切な時刻に眠れず、希望する時間に起きられない。

2.3.の場合は、専門医の診察が必要です。1.4.の場合は、次のことを習慣づけ、改善しないときは、かかりつけ医にご相談ください。

質のよい睡眠をとるためには

次のことを心がけましょう。

  • 睡眠時間にこだわりすぎない。年をとると必要な睡眠時間は短くなります、年齢に合った睡眠時間を目標にしましょう。
  • 眠る以外の目的では床の中で過ごさず、眠くなってから床につく。寝つけないまま床の中にいると、眠れないことへの不安や焦りでますます眠れなくなってしまいます。
  • 毎日同じ時刻に起きる。
  • 昼寝は短めに、遅くとも午後3時までにする。

質のよい睡眠をとって、健康な毎日を送りましょう。

関連リンク

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:東郷診療所

愛知県愛知郡東郷町大字諸輪字北山158-90

電話:0561-39-0054

ファックス:0561-39-0586

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。