ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > ドクター久保の健康ワンポイントアドバイス > 健康ワンポイントアドバイス「心身の健康管理法」

ここから本文です。

 

更新日:平成26年3月26日

健康ワンポイントアドバイス「心身の健康管理法」

春風の心地よい季節となりました。皆さん、元気にお過ごしですか。
春は、就職・異動などで新しい環境に順応しなければならず、心身に負担がかかりやすい季節です。
心の症状(イライラ、興奮、落ちこみ、眠れないなど)はありませんか。

朝の散歩

外に出て、光や風を感じながら歩きましょう。特に朝日(3,000ルクスぐらいの光)を浴びて歩くと、セロトニン(興奮や怒りなどの精神の感情を抑え、平常心を保つのに効果があるといわれる物質)の分泌を促すことができます。
また、早朝の太陽を浴びて歩くと、睡眠物質メラトニンの分泌も促され、ぐっすり眠れるようになります。

セロトニンを活性化させる方法

  • 早寝早起きの規則的な生活を送る。
  • リズミカルな運動をする。(ウォーキングや階段の昇り降り、スクワットなど一定のリズムを刻む運動を反復して行う)
  • 深呼吸や腹式呼吸などを行う。
  • 家族や友人とおしゃべりしたり、スキンシップを取ったりする。
    人との触れ合いは、セロトニンの活性化とストレス耐性の向上に効果があるといわれています。
  • 食事は、しっかりかんで食べる。
  • トリプトファンを含む食品(牛乳やチーズなどの乳製品、納豆などの豆類、白米などの穀類、肉類など)を食べる。
    食品のたんぱく質に含まれるトリプトファンは、セロトニンを作るために必要な材料です。トリプトファンを含む食品は、なじみのものばかりなので、これらをバランスよく摂取しましょう。

よく歩くことを心がけ、心身ともに健康な毎日を送りましょう。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:東郷診療所

愛知県愛知郡東郷町大字諸輪字北山158-90

電話:0561-39-0054

ファックス:0561-39-0586

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。