ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > ドクター久保の健康ワンポイントアドバイス > 健康ワンポイントアドバイス「内臓脂肪を減らす生活習慣」

ここから本文です。

 

更新日:平成26年4月25日

健康ワンポイントアドバイス「内臓脂肪を減らす生活習慣」

体にたまる脂肪は、胃や腸などの周りにたまる内臓脂肪と、全身の皮膚の下にたまる皮下脂肪に大きく分けられます。このうち内臓脂肪は男性と閉経後の女性にたまりやすく、腹囲が男性85センチ・女性90センチ以上の人は、内臓脂肪が蓄積されていると考えられます。
内臓脂肪が増えると、血中脂質や血糖、血圧に異常が起き、脂質異常症、糖尿病、高血圧などの生活習慣病が引き起こされます。
病気のリスクを減らすには、食事や運動など生活習慣を改善し、減量をすることが大切です。
まず、食べたもの・運動量・体重などを毎日記録しましょう。記録することで自分が無意識に食べていることに気づき、改善すべき点も見つけやすくなります。例えば「昼に食べ過ぎたから夕食は控える」というような調節も可能になります。

食生活習慣の改善には

  • 食べる速度が早いと食べ過ぎにつながるため、ゆっくり噛んで食べる。
  • 腹8分目の感覚に慣れる。
  • 飲酒の回数や量を減らす。
  • 飲み物はお茶などノンカロリーのものにし、深夜にはそれ以外のものを飲んだり食べたりしない。
  • 揚げ物や炒め物をなるべく食べないようにする。など

運動習慣の改善には

  • エレベーターの代わりに階段を使うなど、こまめに体を動かす。
  • 水泳、ウォーキング、エアロビクス、ストレッチ、筋力トレーニングなどを行う。
  • いこまい館トレーニングジムでの健康づくりメニューを利用する。など

生活習慣を改善して、健康な毎日を送りましょう。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:東郷診療所

愛知県愛知郡東郷町大字諸輪字北山158-90

電話:0561-39-0054

ファックス:0561-39-0586

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。