ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > ドクター久保の健康ワンポイントアドバイス > 健康ワンポイントアドバイス「貧血に注意」

ここから本文です。

 

更新日:平成27年8月26日

健康ワンポイントアドバイス「貧血に注意」

皆さん、特定健診などの健康診断はお済みですか。また健診で、貧血という結果が出た人はいませんか。
血液中の赤血球が減っている状態が貧血です。赤血球は体内の臓器や組織に酸素を運んでいるため、赤血球が減ると体が酸素不足に陥り、少しの動作で息切れする、疲れやすくなるなどの症状が現れます。

貧血の主な原因

鉄分が不足している

赤血球の材料は鉄分です。そのため鉄分が不足すると、赤血球が作れなくなって貧血になります。鉄分不足は、偏った食事や過度なダイエットによる摂取不足、妊娠や成長期の鉄分需要の増加などが原因です。
鉄分を多く含む牛肉、レバー、貝類、海藻類や、ビタミンCを多く含む緑黄色野菜、果物などを積極的に食べましょう。また、医師から薬(鉄剤)を処方されたら、指示に従い、継続して飲みましょう。

赤血球がうまくつくれない

白血病、多発性骨腫(こつずいしゅ)などでは、赤血球をうまくつくれず、貧血になることがあります。

どこかで出血している

子宮筋腫(きんしゅ)、子宮内膜(ないまく)ポリープ、子宮腺筋(せんきん)症、子宮がんで過多月経になることがあります。怪しいと思ったら、婦人科を受診しましょう。
食道、胃、大腸のがんでは、がんから血が出て貧血になることがあります。黒い便や血が混じった便は出ていませんか。中高年になってから貧血になった人は特に注意が必要です。医療機関で詳しい検査を受け、出血の原因を調べましょう。
ただし、がんでも、出血などの症状がない場合もあります。胃がん、大腸がん検診を受けましょう。

健康管理のため、年に一度の特定健診、長寿健診、がん検診を受けましょう。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:東郷診療所

愛知県愛知郡東郷町大字諸輪字北山158-90

電話:0561-39-0054

ファックス:0561-39-0586

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。