ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > ドクター久保の健康ワンポイントアドバイス > 健康ワンポイントアドバイス「インフルエンザの予防」

ここから本文です。

 

更新日:平成27年10月26日

健康ワンポイントアドバイス「インフルエンザの予防」

だんだんと寒さが増し、風邪やインフルエンザにかかりやすい季節になってきました。一般に軽症で終わることが多い風邪と異なり、インフルエンザは、38度以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの症状が突然現れます。また、のどの痛み、鼻水、咳などの症状も見られます。高齢者や免疫力が低下している人では、肺炎などの重い合併症が現れて重症化しやすいため、予防が重要です。

日常生活で注意すること

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することで起こる病気です。感染原因としては、ウイルスに感染した人の咳やくしゃみの飛沫を吸うこと、ウイルスが付着した物に触った手で鼻や口を触ることなどが挙げられます。
予防には、手洗い、うがい、マスクの着用、室内の換気・加湿が有効です。また、体の抵抗力を高めるため、十分な休養とバランスのとれた食事を日ごろから心がけましょう。

インフルエンザワクチン

ワクチンには、接種した本人がインフルエンザにかかりにくくなる「直接効果」と、多くの人が接種することで感染拡大の危険性が低下する「間接効果」があります。

直接効果

「ワクチンには、ある程度、発病を阻止する効果がある。また、たとえ発症した場合でも、重症化を防ぐ効果がある」という結果が厚生労働省の研究で出ています。

間接効果

多くの健康な成人がワクチンを接種し、インフルエンザの発病を予防することは、発病したときに重症化するリスクの高い人を守ることにつながります。

日本では、インフルエンザは通常12月から3月ごろに流行し、1月から2月にピークを迎えます。ワクチンの効果が現れるまでには2週間程度かかります。12月中旬までには接種を終えるようにしましょう。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:東郷診療所

愛知県愛知郡東郷町大字諸輪字北山158-90

電話:0561-39-0054

ファックス:0561-39-0586

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。