ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > ドクター久保の健康ワンポイントアドバイス > 健康ワンポイントアドバイス「地域で支える医療・介護・福祉の連携」

ここから本文です。

 

更新日:平成28年8月26日

健康ワンポイントアドバイス「地域で支える医療・介護・福祉の連携」

地域包括ケアシステムとは

高齢者になっても生きがいを持って暮らしたい。医療や介護が必要になっても、可能な限り住み慣れた家や地域で暮らし続けたい。

このような皆さんの願いを実現するため、日常生活の支援から介護や医療などのサービスを一体的に提供する仕組みが「地域包括ケアシステム」です。

地域包括ケアシステムは、行政だけでなく、地域包括支援センター、介護・医療・福祉の関係者、地域住民(民生委員・自治会・生活支援サポーターなどのボランティア)、NPOなど地域の力を結集し、高齢者の日常生活を支えていく仕組みです。

在宅医療について

例えば、骨折や認知症、脳卒中(脳梗塞、脳出血)になると、医療や介護が必要となることがあります。

在宅医療では、喀痰の吸引、胃ろう、在宅酸素療法、認知症ケアなどを行えます。通院が難しく自宅で療養している人に訪問診察(定期的に自宅を訪問し、診察すること)を行っている医療機関もあります。かかりつけ医に尋ねてみてください。

皆さんが住み慣れた場所で安心して生活を送るため、かかりつけ医、訪問看護師、薬剤師、介護関係者、ケアマネージャーなどが連携して在宅での療養を支援します。在宅医療は、自分の意思を尊重してもらえる、家族と共に時間を過ごし絆が深まるなどの利点があります。

東郷診療所でも、在宅医療で症状が安定している患者さんに訪問診察しています。また、診療所2階にある訪問看護ステーションでは、自宅での看護が必要な人(床ずれ、チューブなどの管理、認知症など)を訪問をしています。

詳しくは、東郷町訪問看護ステーション(0561-38-8531)へ気軽にご相談ください。

住み慣れた町・家で暮らしたいという、皆さんのお手伝いをします。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:東郷診療所

愛知県愛知郡東郷町大字諸輪字北山158-90

電話:0561-39-0054

ファックス:0561-39-0586

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。