ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > ドクター久保の健康ワンポイントアドバイス > 健康ワンポイントアドバイス「ノロウイルス対策(1)」

ここから本文です。

 

更新日:平成28年12月26日

健康ワンポイントアドバイス「ノロウイルス対策(1)」

ノロウイルスは冬から春先を中心に流行します。非常に感染力が強く、わずかなウイルス量で感染し、吐き気・嘔吐・下痢・腹痛の胃腸炎を発症させます。

感染経路

食べ物を介した感染

  • 汚染されたカキなどの二枚貝を生や十分に加熱しないまま食べた場合
  • ノロウイルスに感染した人が十分に手洗いせず調理し、食品が汚染された場合

人から人への感染

  • 感染者の便や嘔吐物に触れた手を介して、ノロウイルスが口から体内に入る場合
  • 感染者が使用したトイレや洗面所、ドアノブなどから感染する場合

症状

ノロウイルスは感染すると小腸で増殖します。1~2日程度の潜伏期間を過ぎると、増殖したウイルスを体外に排出しようとして、強い吐き気・嘔吐・下痢・腹痛が起こります。通常は3日以内に自然回復することが多いです。

ただし、体力の弱い乳幼児や高齢者は、脱水を起こして重症化することがあります。乳幼児がぐったりして元気がなくなり、尿が半日以上出なかったり、唇が乾いていたりする場合は、すぐに医療機関を受診してください。高齢者は、嘔吐物を誤ってのどに詰まらせて窒息を起こし、命に関わることがあります。このようなときは、直ちに救急車を呼んでください。

治療(家庭で対処する場合)

症状が軽く、脱水の危険がない場合は、自宅で安静を保てば2~3日で回復します。家庭で対処する場合は、下痢止めの薬は使わないようにします(下痢止めを使うとウイルスが排出されにくくなり、症状が長引きます)。嘔吐がおさまり水分をとれるようになったら、経口補水液やスポーツドリンクなどを少量ずつこまめにとります。嘔吐や下痢が長びき脱水が疑われ、症状が重い場合は、医療機関を受診しましょう。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:東郷診療所

愛知県愛知郡東郷町大字諸輪字北山158-90

電話:0561-39-0054

ファックス:0561-39-0586

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。