ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > ドクター久保の健康ワンポイントアドバイス > 健康ワンポイントアドバイス「うつ病に気付くには」

ここから本文です。

 

更新日:平成29年2月24日

健康ワンポイントアドバイス「うつ病に気付くには」

うつ病とは

日本人の15人に1人は、生涯に一度はうつ病になると推定されています。また、日本人の健康寿命を脅かす病気のうち、うつ病が第3位であることがWHOの調査で分かりました。(第1位は脳血管障がい、第2位は認知症)

うつ病は現在、脳の病気であると理解されています。過労や対人関係などのストレスがきっかけで、脳の神経が変形することが明らかになってきました。また、神経細胞の間を行き交う情報伝達物質の減少が、うつ病と関係すると考えられています。

うつ病の症状

うつ病は、ほかの病気のように血液検査や画像検査などでは見つけられません。診断するには、専門医が症状を詳しく問診し、体の様子を診察する必要があります。

うつ病の2大症状

  • 気分の落ち込み(憂うつな気分)
  • 何事にも興味を持てず、楽しいはずのことを楽しめない(興味・喜びの喪失)

この2つのどちらか1つでも、ほとんど1日中、ほとんど毎日、2週間以上続いている場合は、うつ病の可能性が高いと考えられています。

その他のうつ病の症状

  • よく眠れていない(睡眠障がい)
  • 食欲、体重が落ちた
  • 疲れやすい
  • 頭重感や頭痛、首や肩のこりがある
  • やる気が出ない
  • 落ち着かない、イライラする
  • 自分を責める(自責感)
  • 思考力、集中力が低下した
  • 動作や、話したり考えたりすることがゆっくりになった

専門医を受診しましょう

うつ病の診断は難しく、また、ほかの病気が原因で右記の症状が出ている可能性もあります。慎重に見分けるため、「精神科」「心療内科」「メンタルクリニック」などと表示している専門医の受診をお勧めします。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:東郷診療所

愛知県愛知郡東郷町大字諸輪字北山158-90

電話:0561-39-0054

ファックス:0561-39-0586

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。