ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > ドクター久保の健康ワンポイントアドバイス > 健康ワンポイントアドバイス「心不全について」

ここから本文です。

 

更新日:平成29年3月24日

健康ワンポイントアドバイス「心不全について」

心不全とは

心臓は、全身に血液を送り出すポンプの働きをしています。心不全は、心臓のポンプ機能が低下し、十分な量の血液を全身に送り出せなくなった状態のことをいいます。

心不全の患者数は、超高齢社会の進行に伴い増えています。命を失う危険性が高く、心不全の死亡者数は1年間で約7万人にもなります。

心不全の原因

  • 狭心症、心筋梗塞
    心臓に栄養を送る冠動脈が、狭窄または閉塞し、正常なポンプ機能を失う。
  • 心筋症
    心臓の筋肉が分厚く、または薄くなってポンプ機能が低下する。
  • 心臓弁膜症
    心臓の弁の開閉がきちんとできず、血液の逆流や停滞が起こる。
  • 高血圧症
    高血圧の状態は心臓に負担がかかり、長く続くと心臓のポンプ機能が低下し、徐々に心不全になる。
  • 貧血
    血液内のヘモグロビンが減少した状態では、血液は効率的に酸素を運べず、それを補うために心臓は心拍数を増やす。そのため心臓に負担がかかり、次第に心不全になる。

心不全の症状

  • 階段や坂道を上ると息切れする
  • 息苦しい
  • 夜になるとせきが出る
  • 夜、寝苦しくなって目が覚める
  • 横になると息苦しく、体を起こすと楽になる(心臓に戻る血液が肺に停滞するため)
  • 顔や足がむくむ(心臓の機能が落ちて血の巡りが悪くなるため)

心不全の検査

心不全の診断は、胸部エックス線検査、心電図検査、心臓超音波検査、血液検査(BNP…脳性ナトリウム利尿ペプチド)などで行います。

心不全はさまざまな原因から起こりますが、命の危険にもつながります。原因となる病気の治療や経過観察が必要なので、症状が軽くても必ず内科や循環器内科などを受診しましょう。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:東郷診療所

愛知県愛知郡東郷町大字諸輪字北山158-90

電話:0561-39-0054

ファックス:0561-39-0586

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。