ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > ドクター久保の健康ワンポイントアドバイス > 健康ワンポイントアドバイス「イライラ解消法」

ここから本文です。

 

更新日:平成29年4月26日

健康ワンポイントアドバイス「イライラ解消法」

春は、就職や人事異動などで新しい環境に順応しなければならず、心身に負担がかかりやすい季節です。皆さんは、イライラなどの心の症状は出ていませんか。

厚生労働省の「平成24年労働者健康状況調査」の結果から、仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスの第1位は、職場の人間関係の問題であることが分かりました。

抱えたイライラの感情を家庭に持ち帰ると、家族にイライラをぶつけてしまいます。心身ともに健康な毎日を送れるよう、対応策を紹介します。

イライラ対応策

リラックスする

  • 静かな環境で楽な姿勢をとり、体の力を抜く。
  • 音楽、読書、友人とのおしゃべりなど、1つの行為に集中する。
  • 腹式呼吸をする。

アンガーマネジメントを活用する

アンガーマネジメントは、怒りと上手につき合い、感情をコントロールするための心理トレーニング方法です。この方法では、怒りのピークを最初の6秒だと考えています。「カチン」ときて6秒以内に発する言葉は、感情的になることが多く、後で人間関係が悪くなる場合があります。

6秒をやり過ごすための方法

  • 100から3ずつ引きながら数える。
  • その場から立ち去る。
  • 目を閉じて深呼吸をする。
  • あらかじめ自分で決めておいた、元気になるメッセージを唱える。

外に出て歩く

外に出て、光や風を感じながら歩きましょう。興奮や怒りなどの精神の感情を抑え、平常心を保つのに効果があるといわれるセロトニンの活性化は、日光を浴びることで促せます。また、早朝の太陽光を浴びると、睡眠物質メラトニンの分泌も促され、ぐっすり眠れるようになります。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:東郷診療所

愛知県愛知郡東郷町大字諸輪字北山158-90

電話:0561-39-0054

ファックス:0561-39-0586

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。