ホーム > くらし・防災 > 防災・防犯 > 防災 > 大規模盛土造成地マップ

ここから本文です。

 

更新日:平成27年7月28日

大規模盛土造成地マップ

阪神淡路大震災や東日本大震災等において、大規模盛土造成宅地で、地すべり的変動(滑動崩落)が生じ、造成宅地における崖崩れ又は土砂の流出による被害が発生しました。

住民の皆さんに滑動崩落被害について理解を深めていただくため、大規模盛土造成地マップ等の情報を公表します。なお、マップ上に示した箇所が、全て地震時に危険というわけではありません。

大規模盛土造成地とは

盛土造成地のうち以下の要件に該当するものを「大規模盛土造成地」と呼びます。

  1. 谷埋め型大規模盛土造成地:盛土面積が3,000平方メートル以上
  2. 腹付け型大規模盛土造成地:盛土する前の地盤面の水平面に対する角度が20度以上で、かつ、盛土の高さが5m以上

大規模盛土造成地マップ等公表

大規模盛土造成地マップとは、谷間や山の斜面などを大規模に埋めるなどしてつくられた盛土造成地について、国土交通省の「大規模盛土造成地の変動予測調査ガイドライン」に基づき、愛知県が平成21年度から抽出調査を実施して、おおむねの位置と規模を示した地図です。

愛知県建築指導課ページへリンクします(外部サイトへリンク)

 

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:都市計画課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-38-3111

ファックス:0561-38-0066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?