ホーム > くらし・防災 > 税金 > 確定申告 > 確定申告・町県民税申告について

ここから本文です。

 

更新日:平成30年2月8日

平成29年分確定申告・町県民税申告について

平成29年分確定申告について

平成29年分の確定申告に関する詳細については国税庁ホームページの「平成29年分確定申告特集」(外部サイトへリンク)をご覧ください。

「確定申告書作成コーナー」(外部サイトへリンク)を使うと自宅のパソコンで簡単に確定申告書の作成ができます。

なお、確定申告の問い合わせについては昭和税務署(電話番号:052-881-8171)にご確認ください。

確定申告・町県民税申告が必要な人

詳しくは確定申告・町県民税申告が必要な人をご覧ください。

申告に必要な書類

  • マイナンバーカード(個人番号カード)又は通知カード及び運転免許証等の身分確認書類
  • 給与や年金の源泉徴収票(原本)や事業の収支内訳書や帳簿書類など
  • 通帳など(申告者本人名義のものに限る)※還付になる人
  • 利用者識別番号及び暗証番号の分かるもの※すでに取得している人のみ(昨年以前に申告会場でパソコンを利用して申告した人は、お持ちいただくと作成がスムーズに行えます。)
  • 印鑑(認め印可)
  • 控除の種類に応じて必要となる証明書など(医療費控除(セルフメディケーション税制)の明細書、社会保険料(国民健康保険税、国民年金保険料等)控除証明書、生命保険料控除証明書など)

申告会場のご案内

役場での申告受付

【確定申告書A・町県民税の申告の人】

対象

確定申告書Aの人・・・申告する所得が給与や年金などの雑所得、配当、一時所得のみの人で、予定納税額のない人

町県民税の申告の人・・・1月1日現在、町内に住所がある人で、次のいずれかに該当する人

  • 前年中に所得はあるが、所得税の確定申告をする必要がない人
  • 前年中に所得がなく、同じ世帯内のどなたにも扶養されていない人
  • 前年中に所得がなく、国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療保険に加入している人(申告の有無により金額が変わることがあります。)
  • 確定申告が不要な公的年金受給者のうち、町県民税を計算するうえで必要な所得控除(各種保険料控除、医療費控除、扶養控除等)の追加が必要な人

詳しくは確定申告・町県民税申告が必要な人をご覧ください。

期間

平成30年2月16日(金曜日)から3月15日(木曜日)まで(土曜日・日曜日は除きます。)

受付時間

午前9時から午後3時まで

場所

役場2階大会議室

申告の種類

所得税及び復興特別所得税の確定申告

町県民税の申告

申告の方法

所得税及び復興特別所得税の確定申告…e-Tax(イータックス)

町県民税の申告…パソコン入力による方法

重要なお知らせ(注意事項)

  1. 記載された申告書の確認や検算は行っておりません。ただし、作成済みの申告書はそのまま提出ができます。
  2. 計算方法や記載の仕方などが分からない場合は、申告書は白紙のまま必要な書類をお持ちください。
  3. 電話による会場の混雑状況の問合わせ、事前予約は行っておりません。
  4. 贈与、株式・土地等の譲渡所得については、役場では申告できませんので電気文化会館特設会場をご利用ください。

【確定申告書Bの人】

対象

事業、不動産、農業などの所得がある人などA申告以外の人

期間

平成30年2月16日(金曜日)から3月15日(木曜日)まで(土曜日・日曜日は除きます。)

税理士による無料申告相談については平成30年2月16日(金曜日)から2月28日(木曜日)まで(土曜日・日曜日は除きます。)

受付時間

午前9時から午後3時まで(正午から午後1時までは除く)

※確定申告書Bの人は受付時に番号札を配布します。午後の部の番号札は午前の部の番号札が終了次第、配布します。このため、午後の部の開始時間には受付が終了していることがあります。

  ※混雑の程度によっては受付を早めに締め切りますので、ご容赦ください。

場所

役場2階大会議室

申告の種類

所得税及び復興特別所得税の確定申告、個人事業者の消費税及び地方消費税の確定申告

重要なお知らせ(注意事項)

  1. 記載された申告書の確認や検算は行っておりません。ただし、作成済みの申告書はそのまま提出ができます。
  2. 計算方法や記載の仕方などが分からない場合は、申告書は白紙のまま必要な書類をお持ちください。
  3. 電話による会場の混雑状況の問合わせ、事前予約は行っておりません。
  4. 贈与、株式・土地等の譲渡所得については、役場では申告できませんので電気文化会館特設会場をご利用ください。

電気文化会館特設会場

昭和・千種・名古屋中税務署合同確定申告会場

昭和税務署の確定申告会場は、電気文化会館5階になります。

開設期間

平成30年2月16日(金曜日)から3月15日(木曜日)まで(土、日曜日は除きます。)

  • 土曜日、日曜日は開設していませんが、平成30年2月18日(日曜日)、2月25日(日曜日)の2日間に限り開設します。
  • この期間中は昭和税務署内では確定申告書の作成指導は行いませんのでご了承ください。
  • 作成済みの確定申告書は、税務署の窓口または郵送等で提出できます。

開場時間

午前9時15分から午後5時まで

  • 確定申告書の作成には時間を要するので、午後4時までにお越しいただくようお願いします。
  • 会場の混雑状況により、案内を早めに終了する場合があります。

場所

電気文化会館5階(名古屋市中区栄2-2-5)

アクセス

/zeimu/chomin/kurashi_bousai/zeikin/kakuteishinkoku/images/kaijyou.gif

名古屋市中区栄2-2-5(地下鉄伏見駅4番出口から徒歩2分)

  • 電話は設けておりません。
  • 会場には駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。
  • 電気文化会館で実施される確定申告の詳細については、昭和税務署にお問い合わせください。

電気文化会館特設会場に関する問い合わせ先

昭和税務署個人課税部門
電話:052-881-8171

インターネットで確定申告書を作成できます。

国税庁ホームページから「所得税(確定申告書等作成コーナー)(外部サイトへリンク)」にアクセスし、画面に従い必要項目を入力することで、簡単に確定申告書が作成できます。

詳しくはインターネットで確定申告を作成できます。をご覧ください。

 タックスアンサー

国税庁ホームページにはよくある税の質問について調べることができる「タックスアンサー」(外部サイトへリンク)があります。

キーワードごとに調べることも可能ですのでぜひご活用ください。

確定申告に関する問い合わせ先・郵送による送付先

【昭和税務署】

郵便番号:〒467-8510

住  所:愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町字西藤塚1番地の4

電話番号:052-881-8171

申告・納税期限

所得税及び復興特別所得税、贈与税の申告と納税の期限は平成30年3月15日(木曜日)まで

納税は振替納税が便利です

新たに振替納税を希望する人は、「預貯金口座振替依頼書兼納付書送付依頼書(外部サイトへリンク)」を平成30年3月15日(木曜日)までに預貯金先の金融機関又は税務署へ提出してください。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:税務課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-56-0724

ファックス:0561-38-7933

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。