ホーム > くらし・防災 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 土地・家屋の状況は変わっていませんか

ここから本文です。

 

更新日:平成29年11月24日

土地・家屋の状況は変わっていませんか

固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日現在)の固定資産の状況に応じて課税されます。

平成29年中に土地・家屋の状況が変わった人は、12月中にお知らせください。

土地

平成29年中に土地の利用状況を変更された人

例えば、以下のような人が該当します。

  • 2月に家を取り壊して、現在は更地である
  • 9月まで畑をしていて、現在は駐車場として利用している

家屋(滅失登記、変更登記等を済まされている方は連絡不要です。)

平成29年中に家屋を取り壊したり(一部取り壊しを含む)、増築された人

例えば、以下のような人が該当します。

  • 2月に家を取り壊した
  • 10月に家の増築を行った

家屋の所在地番や用途などを変更した人

例えば、以下のような人が該当します。

  • 土地の分筆や合筆で家屋の所在地番が変更となった
  • 事務所や店舗だった家屋を住宅に用途変更した

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:税務課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

電話:0561-38-3111

ファックス:0561-38-7933

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?