ホーム > まち・環境 > 交通 > 交通安全 > ドライブレコーダー普及促進事業費の補助について

ここから本文です。

 

更新日:令和3年5月8日

ドライブレコーダー普及促進事業費の補助について

 交通安全意識の向上や地域の防犯対策、地域振興を図ることを目的として、ドライブレコーダーの設置に対する補助を行います。

 申込期間は令和3年4月1日から3年間となります。

令和3年度補助台数

 令和3年5月7日時点:43台

 ※ 令和3年度中の補助残り台数は約60台です。(補助上限額に達した場合は、補助打ち切り)

補助対象者

 1 町内に住所を有し、住民基本台帳に記載されている者(一人一台)

 2 運転免許証を保有する者

 3 自動車検査証の使用者氏名と運転免許証の氏名が同一の者

 4 町税および自動車税などの延滞がない者

 5 ドライブレコーダーの転売を目的としていない者

 6 ドライブレコーダーを設置する自動車を自家用(事業用は不可)として使用する者

 7 暴力団または暴力団員と密接な関係を有していない者

補助金額

 ドライブレコーダー本体の購入及び設置費用(取付に要する器具を含む。設置のみは不可)

 購入費に係る経費の2分の1(町内で購入し、町内の事業所で設置した場合の設置費を含む)

 ・補助上限額10,000円、ただし、町内企業製品は上限額に5,000円を加算、町内販売店からの購入は上限額に5,000円を加算

 ※ ネットショップ等で購入された場合は、「出品元」、「出品者情報」又は「ショップ情報」で所在地を確認し、東郷町内の事業所であることが確認できれば上限額に加算となります。

  ・補助対象経費の2分1と⑵の「補助上限額」のうち少ない方の額(100円未満切捨)

対象製品

 令和3年4月1日以降に購入された製品で、次の要件を満たすものが対象となります。

 1 電波法などの法令に適合しているもの 

 2 エンジン開始時に自動的に録画機能が開始するもの

 3 有効画素数が200万画素以上

 4 常時録画を行った場合、2時間以上録画のできるもの

 5 パソコンにより記録データの再生ができるもの

申請方法 

 次の書類を添付書類と併せて安全安心課へ提出してください。

 申請書については、安全安心課窓口でも配布しています。

1 申請書様式

 ⑴ 交付申請書兼実績報告書(PDF:153KB)

 ⑵ 補助金交付請求書(PDF:66KB)

2 添付書類

 ⑴ 運転免許証(写)

 ⑵ 自動車検査証(写)

 ⑶ 自動車税などの納税証明書(写)

 ⑷ 購入製品の領収書、保証書、購入金額および購入日が確認できる書類

   ※ ネットショップ等で購入された場合、商品によっては領収書の発行がされないため、販売店の所在地が記載された請求書の写しを提出してください。

 ⑸ ドライブレコーダーの機能が確認できる取扱説明書

 ⑹ ドライブレコーダー設置状況の写真

その他

 警察より事故または犯罪捜査に係る協力があった場合は、対象製品のデータ提供にご協力をお願いします。(任意)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

担当部署:安全安心課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-0001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?