ここから本文です。

 

更新日:令和3年2月22日

【事前周知】

緊急事態宣言の前倒し解除に伴う町公共施設の制限緩和について

 現在、国の緊急事態宣言及び愛知県により発出されている緊急事態措置については、令和3年3月7日までを期間としており、本町についても、愛知県の緊急事態措置に基づき、公共施設の利用制限(20時までの開館)を行っているところであります。

 しかしながら、現在、国の緊急事態宣言及び愛知県の緊急事態措置が3月7日より前に解除の検討がされており、早期に愛知県の緊急事態措置が緩和された場合の本町の「公共施設の規制緩和開始日」を、次のとおりといたしましたので、利用者の皆様につきましては、御理解とご協力をお願いいたします。

 〇 公共施設の規制緩和開始日

   愛知県が緊急事態措置の「解除日」を発表した日から3日間以上の周知期間後

  ※ 周知期間の考え方については、下の表をご覧ください。

 【例:3月1日に愛知県知事により緊急事態措置の解除又は緩和の発表がなされた場合】

無題

 

公共施設の利用について(令和3年2月3日現在)

  令和3年1月13日に愛知県より発出され、2月2日に延長された緊急事態宣言により、緊急事態宣言期間中の町公共施設の利用人数基準及び利用時間の短縮を決定しましたのでお知らせします。

〇今回の緊急事態宣言に伴う「催物の開催制限」「施設の利用時間の短縮」に加え、各施設ごとに規定している個別施設ガイドラインに基づく感染対策を徹底します。

〇各施設の利用基準等の詳細については次の「公共施設の利用人数基準」をご確認いただくようお願いいたします。

〇利用時間の短縮については、21時までの開館施設を20時閉館に変更します。(緊急事態宣言期間中)

 

 ・ 公共施設の利用人数基準(イーストプラザいこまい館・児童館・資源回収ステーション)(PDF:93KB)

 ・ 公共施設の利用人数基準(町民会館・総合体育館・町体育施設・学校体育施設)(PDF:97KB)

   

 

町公共施設の利用に関する基本的な考え方

  公共施設の利用に当たっては、「町公共施設の利用に関する基本的な考え方」に基づき、個別施設ごとに新型コロナウイルス感染症ガイドラインを作成しておりますので、利用者の皆様においてもご協力いただくようお願いします。

 ※ なお、「東郷町における公共施設の利用基準」については、「町公共施設の利用に関する基本的な考え方」に名称を変更いたしました。

 

  【町公共施設の利用に関する基本的な考え方】(10月20日から適用)

 

    ➤  東郷町新型コロナウイルス感染症ガイドライン

 

関連リンク

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

担当部署:安全安心課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-0001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?