ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > お薬手帳を活用して、正しく安全なお薬の服用をしましょう

ここから本文です。

 

更新日:令和元年7月25日

お薬手帳を活用して、正しく安全なお薬の服用をしましょう

お薬を服用している方の中には、重複服薬者(注1)、薬剤併用禁忌対象者(注2)、長期多剤服薬者(注3)がいらっしゃいます。
医師、薬剤師、そして患者自身が服薬情報を共有し、正しく安全なお薬の服用をするため、お薬手帳を活用しましょう。

(注1)重複服薬者とは、1か月間に同系医薬品が複数の医療機関で処方され、同系医薬品の日数合計が60日を超える方。
(注2)薬剤併用禁忌対象者とは、1か月間に併用禁忌とされる薬剤を処方された方。
(注3)長期多剤服薬者とは、6種類以上の薬剤を14日以上服薬している方。

誤った服薬が健康リスクに

健康状態を回復したり、病気を予防したりするお薬も、正しく服用しないと健康リスクが生じることがあります。
飲み合わせが禁止されている薬の相互作用は、薬剤の効果が強くなったり弱くなったりすることがあり、また、重大な副作用が生じることもあります。
多剤服薬者の中でも高齢者に起こりやすい副作用に、ふらつき、転倒、物忘れ等があり、転倒による骨折をきっかけに寝たきりになったり、うつ、食欲低下、排尿障害等が起こりやすくなったりすることがあります。

お薬手帳を活用しましょう

  • お薬手帳は、複数の医療機関や薬局にかかっていても1冊にまとめ、医療機関を受診する時、医師、歯科医師に確認してもらいましょう。
  • 新しいお薬手帳に切り替えるとき、複数のお薬手帳を1冊にまとめるときは、古い(他の)お薬手帳も一緒に医療機関や薬局に持参しましょう。
  • 薬局では、処方箋と一緒にお薬手帳を薬剤師に提出しましょう。また、市販薬を買った場合も、お薬手帳に記録しましょう。
  • お薬について分からないことは、お薬手帳に書き込み、医師、歯科医師、薬剤師に確認しましょう。

お薬手帳を発行しました

お薬手帳町民の皆様に正しく安全な服薬をしていただくため、町は、医師会、歯科医師会、薬剤師会の協力をいただきながら、お薬手帳を活用した重複服薬対策に取り組んでいきます。
この取組を進めるため、平成31年2月1日に町は株式会社ゼンリンと「お薬手帳協働発行に関する協定」を締結し、お薬手帳を12,000部発行しました。
お薬手帳の掲載内容については、薬剤師会をはじめ医師会と歯科医師会にもご協力いただきました。

お薬手帳の配布場所等

お薬手帳は、令和1年6月中旬から次の場所で希望者(町民の皆様)に無料で配布します。なお、薬局・医療機関の情報は令和1年7月25日時点の情報で、随時更新していきます。

  • 東郷町役場1階保険医療課
  • イーストプラザいこまい館2階健康推進課
  • 配布に協力いただいている町内の薬局(三聖堂薬局東郷店、りんご薬局、リリーフ調剤薬局和合店、キョーワ薬局わごうケ丘店、ユタカ薬局東郷店)・医療機関(和合ヶ丘クリニック)
  • 町主催イベント(特定健診、高齢者福祉大会、文化産業まつり健康コーナー)

上記に加え、令和1年秋ごろに開催予定のお薬に関する講演会でも配布する予定です。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:保険医療課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-7932

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。