ホーム > くらし・防災 > 保険・年金 > 国民年金 > 年金の受給資格が25年から10年に短縮されました

ここから本文です。

 

更新日:令和2年8月28日

年金の受給資格が25年から10年に短縮されました

これまで老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が、原則として25年以上必要でした。

この受給資格の期間が平成29年8月1日から短縮され、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになりました。

詳しくは、日本年金機構ホームページをご覧ください。

お問い合せ

   ・「ねんきんダイヤル」 0570-05-1165

    (注意)050から始まる電話でかける場合は、「03-6700-1165」をご利用ください。

  ・昭和年金事務所 お客様相談室 052-853-1463

関連リンク

年金ポータル(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:保険医療課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-7932

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?