ホーム > 町政情報 > 町の概要 > 東郷町の紹介 > 東郷町の地名あれこれ > 頭に「と」につく地名の由来

ここから本文です。

 

更新日:平成29年4月1日

頭に「と」につく地名の由来

百々(どうどう(どうど))

地区:諸輪
どのような意味でこの地名になったかは定かではない。「百々」の地名は、地名辞典によると全国に散在しており、いずれも水流域で水流の音に関係して呼ばれています。
この地にも「前川」の源流があり、急峻な流れであったというから、いつとはなしにこう呼ばれるようになったのでしょう。

ドンドロ(どんどろ)

地区:和合
沼地のようなどろどろのところであったから、この名ができたといわれ、比較的はやく水稲栽培地として目をつけられたところと思われます。
実際には、この地名のところは御料林であり、現在は和合ゴルフ場となっており、一部の地名が全体の総称となったと思われます。

塔ノ上(とうのうえ)

地区:傍示本
薬師寺の塔よりも高いところであったので、このような呼名がついたといわれています。別に「堂の下」もあり、規模はともかく薬師に関する寺院の存在が考えられますが、現在では住宅も建ち実証は難しくなっています。

どぶ池(どぶいけ)

地区:傍示本
泥池がなまって、どぶ池と呼ばれるようになったのではないでしょうか。

よくあるご質問

お問い合わせ

担当部署:生涯学習課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字北反田14

ファックス:0561-38-9445

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。