ここから本文です。

 

更新日:平成28年3月19日

給食に赤米の赤飯が登場

一緒に給食を食べる

一緒に給食を食べる(6年1組)

6年1組の児童に赤米を紹介

児童に赤米を紹介(6年1組)

赤米がおいしいと思った児童が挙手

赤米がおいしいと思った児童が挙手(6年1組)

3年1組の児童が歌をプレゼント

児童が歌をプレゼント(3年1組)

3月17日(木曜日)、6年生の卒業をお祝いするため、町立小学校の給食で町内産の赤米を使った赤飯が提供されました。
赤米は、縄文時代に中国大陸から伝わってきた古代米で、白米と一緒に炊くときれいな桃色の赤飯になります。祝い事などで食べる赤飯は、現在は小豆を使うのが一般的ですが、昔は赤米を使っていました。

この赤米の生産者である近藤義房さんが、東郷小学校の6年1組を訪れ、36人の児童と一緒に給食を食べました。白木幸誠(しらきこうせい)くん(12歳)が「おいしくてびっくり。普通の赤飯は苦手だけど、赤米なら何杯でも食べられそう」と話すと、近藤さんはにっこり。
担任の先生の「赤米がおいしいと思った人は手を挙げて」の呼びかけには、クラスのほぼ全員が挙手しました。

給食後、近藤さんは3年1組に移動し、3年1組の児童38人にも赤米について説明。子どもらは、赤米の稲の背丈は一般的な白米より高く、機械ではなく手作業で収穫することなどを学びました。
最後には、クラス全員でお礼にと、近藤さんにゆずの「またあえる日まで」の歌をプレゼントしました。

お問い合わせ

担当部署:給食センター

愛知県愛知郡東郷町大字春木字蟹池15番地

ファックス:0561-38-6363

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?