ホーム > フォトダイアリーメニュー > 2016年フォトダイアリー > 園児がタケノコ掘りを行いました

ここから本文です。

 

更新日:平成28年4月18日

園児がタケノコ掘りを行いました

4月15日(金曜日)、和合保育園の年長児26人が、園の近くで竹やぶを管理している「タケノコおじいさん」の誘いを受け、タケノコ掘りを行いました。
まず子どもらは、おじいさんから「タケノコは水や土の栄養を吸って大きくなると、竹になるんだよ。根を残して採ると長持ちするから、できるだけ根から掘ってね」と教わりました。
スコップを一人1本持った園児らは、土から頭が出ているタケノコを見つけると「このタケノコは私の」とはしゃぎ、先生に手伝ってもらいながら掘り出しました。
谷原玲ちゃん(5歳、女の子)は「タケノコ大好き。2個採れたよ」と大喜び。
採れたタケノコは、おじいさんがプレゼントしてくれました。

お問い合わせ

担当部署:こども保育課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-7932

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?