ホーム > フォトダイアリーメニュー > 2016年フォトダイアリー > 子ども会の活動成果を発表しました

ここから本文です。

 

更新日:平成28年2月26日

子ども会の活動成果を発表しました

春木台学区子ども会の発表

春木台学区子ども会の発表

諸輪学区子ども会の発表

諸輪学区子ども会の発表

JL・JLJの手遊び

JL・JLJの手遊び

JL・JLJの手遊び

JL・JLJの手遊び

2月21日(日曜日)、いこまい館で「平成27年度東郷町子ども会育成会連絡協議会活動発表会」が行われました。
これは、子どもたちが自由な発想で「こんなことをやってみたい」と発案したことを実際にやってみる「夢活動」の成果と、ジュニアリーダー(以下、JL)とジュニアリーダージュニア(以下、JLJ)の活動を報告するものです。
夢活動の成果は、春木台小学区と諸輪小学区の子ども会が発表しました。
春木台小学区の子ども会が行ったのは、手作りドッチビー、スリッパ飛ばしゲーム、牛乳パックのボウリングで遊べるフェスティバル。「一から計画を立てるのは不安でいっぱいでした。また、必要な物は全て手作りしなくてはならず大変でしたが、大勢の子と楽しく遊べてよかったです」と話しました。
諸輪小学区の子ども会が行ったのは、「もろころスイッチ」の製作。もろころスイッチはスーパーボールを使ったからくり装置で、NHKの人気番組「ピタゴラスイッチ」でおなじみのピタゴラ装置を、諸輪小学区子ども会バージョンにしたものです。「うまく仕掛けが倒れなかったところは、大人に協力してもらいました。どんなに準備をしてもうまくいかないことがあるというのは、いい経験になりました」と発表しました。
JLとJLJは、カレーライス作りやキャンプファイヤー、アニマルセラピーを学習したことなどを発表。「カレーは野菜が少し固かったけどおいしくできました」と話しました。
発表会が終わった後には、JLとJLJによる「ポキポキダンス」などの遊びも行われました。ポキポキダンスは歌に合わせながら行う手遊びで、会場のみんなで歌いながら体を動かしました。

■ジュニアリーダー(JL)とは
子ども会の手助けをしてくれる、ボランティアのお兄さんお姉さんのこと。子どもたちと遊んだり、子どもたちの話し合いのサポートをしたりする。主に小学6年生から高校生まで。
■ジュニアリーダージュニア(JLJとは)
ジュニアリーダーの研修生。1年間の研修期間を経てジュニアリーダーになる。主に小学5年生から小学6年生まで。

お問い合わせ

担当部署:こども保育課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-7932

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?