ホーム > フォトダイアリーメニュー > 2016年フォトダイアリー > 親子でおいしいまんじゅう作り

ここから本文です。

 

更新日:平成28年9月23日

親子でおいしいまんじゅう作り

まんじゅうの生地を分ける

まんじゅうの生地を平たく伸ばす

まんじゅうの生地を平たく伸ばす

子どもがまんじゅうを食べる

9月23日(金曜日)、南部児童館で幼児親子を対象とした黒糖まんじゅう作りが行われ、親子14組31人が参加しました。
幼児はお母さんの手を借りながら、あんこを丸めたり、黒砂糖を入れて作った生地を平たく伸ばしたりしました。蒸しあがった後にはつまようじを使い、インスタントコーヒーを少量のお湯で溶いたもので、まんじゅうの皮に動物などの絵を描きました。中にはあんこで服が汚れてしまう子もいましたが、みんな一生懸命に作っていました。
子ども2人と参加した丸山美恵さんは「子どもを喜ばせたいという思いで参加しました。生地であんこを包むのが簡単ではなかったですが、おいしくできました」と話していました。

お問い合わせ

担当部署:こども保育課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-7932

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?