ホーム > フォトダイアリーメニュー > 2016年フォトダイアリー > 東部児童館でお月見カフェが開かれました

ここから本文です。

 

更新日:平成28年9月15日

東部児童館でお月見カフェが開かれました

絵本の読み聞かせ

飲み物を渡す

親子で談笑

男の子がお菓子を食べる

写真を撮る浅井さん

写真を撮る浅井さん

(本記事は、人事秘書課広報広聴係で広報担当の職場体験をした、諸輪中学校2年の浅井沙良さんが作成しました。)

9月15日(木曜日)、東部児童館で「お月見カフェ」が開かれ、親子30組計58人が参加しました。
お月見カフェでは、子どもたちはお菓子を食べながら、「お月見どろぼう」の説明を聞いたり、パネルシアターや絵本の読み聞かせを楽しんだりしていました。
参加した横井恵さんに「お月見の日って、今まで何かやっていましたか」と聞いたところ、「お月見どろぼうなどは、やっていないです。初めて知りました」と言っていました。
私の友だちや、諸輪の子どもたちが笑顔で楽しんでいるお月見どろぼうは、あって当然のものじゃなく、地域の人たちの優しさなんだなと思いました。

■お月見どろぼう
中秋の名月の日に、家の縁側にススキと一緒にお供えされた団子やお菓子を、子どもたちがこっそりもらっていくという風習です。町内では、旧集落で残っています。

フォトダイアリーメニュー

お問い合わせ

担当部署:人事秘書課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

内線:2343

ファックス:0561-38-0001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?