ホーム > フォトダイアリーメニュー > 2016年フォトダイアリー > 子どもたちがどろんこ遊びと田植えを体験

ここから本文です。

 

更新日:平成28年5月13日

子どもたちがどろんこ遊びと田植えを体験

和合保育園の子どもたちが、園近くの磯村鎮(いそむらまもる)さんの田んぼで、5月2日(月曜日)にどろんこ遊びを、12日(木曜日)に田植えをさせてもらいました。
どろんこ遊びでは、駆けっこやどろだんご投げをして、全身どろだらけに。中には、「土があたたかくて気持ちいい」と寝転ぶ子もいました。
田植えは、喜寿もち(もち米)の苗を昔ながらの手植えで、作付面積約300平方メートルの田んぼ一面に植えました。
できあがったお米で、12月初旬には餅つきを体験させてもらう予定です。
年長組の姫野想也(ひめのそうや)君は「植えるのは簡単だった。お餅が好きだから、早く餅つきがしたい」と話していました。

お問い合わせ

担当部署:こども保育課

愛知県愛知郡東郷町大字春木字羽根穴1番地

ファックス:0561-38-0001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?